「つま恋」閉鎖でどうなる?「掛川・新茶マラソン2017」

静岡県掛川市にヤマハリゾート「つま恋」が年内に営業を終了するみたいだね。昨日の皇居マラソンの帰りに道に、そんな話を父から聞きました。ホームページを見ると「つま恋の一般営業終了について」のお知らせが掲載されていました。

つま恋とは?

全国的な知名度はそれほど高くないかもしれませんが、静岡で「つま恋」といえば、ひと昔までは総合リゾート施設の定番でした。テニス、アーチェリー、乗馬、ゴーカート、パターゴルフなどのスポーツ施設から、野外コンサートホール、結婚式場、レストラン、宿泊施設、天然温泉まで、あらゆるレジャーが楽しめるところです。

原生林が多く残る広大な敷地には、1周3キロと1周2キロの周遊コースが整備されており、過去に何度か走りにいきました。

4月が見ごろ!名物「さくらトンネル」

特に4月は桜がきれいで、桜並木が続く「桜トンネル」は見ごたえがあります。ちょうど今年の4月にも家族で訪れており、それが見納めとなってしまいました。

つま恋名物「桜トンネル」。ちょうど満開で見頃でした。その割には人出が少なく、桜トンネルを独占してきました。

「桜トンネル」を駆け抜けます。

とにかく桜のボリュームに圧倒されます!

掛川・新茶マラソン

つま恋は知らなくても、ランナーであれば「掛川・新茶マラソン」の名前は聞いたことがあるかもしれません。毎年4月に掛川で開催されるマラソン大会で、つま恋の敷地内の多目的広場でスタート・ゴールします。種目は、フルマラソンから1キロのファンランまで、エリート選手から初心者までが楽しめます。特にフルマラソンは、2月~3月のマラソン大会の抽選に落ちた人たちが、滑り止めとして走る大会でもあります。

僕も今年は2月の「東京マラソン」に落選し、出張のため3月の「能登和倉万葉の里マラソン」に出場できなかったため、レース日間近まで受け付けいている「掛川・新茶マラソン」にエントリーしました。わざわざ家族と前泊までしたのですが、体調不良のため棄権しました。父は10キロの部に出場したので、今回は応援に徹しました。

こちらは2016年大会の前日に撮影した「掛川・新茶マラソン」のスタート地点。

多目的広場にはゴールを囲むようにテントが建てられています。

簡易トイレの近くも桜が満開でした!

「掛川・新茶マラソン2017」は開催されるのか?

で、気になる2017年大会はどうなんでしょう?つま恋の一般営業が終了した後、「掛川・新茶マラソン」が開催される目途はたっていないようです。

掛川・新茶マラソン実行委員会が9日夜、掛川市内で開かれた。2017年4月9日に予定している第12回大会について、ヤマハリゾートつま恋の営業終了に伴う対応を協議したが、開催可否の結論を持ち越した。11月末までヤマハによるつま恋の売却交渉の推移を見守り、12月初旬の次回実行委で最終判断する。 つま恋はスタート、ゴールとなる同大会のメイン会場。事務局の市体育協会がこれまでのつま恋側との話し合いなどを踏まえ、現段階では開催に向けた打開策が見いだせていないことを報告した。(引用元

2016/12/17更新:「掛川・新茶マラソン2017」は開催の目処が立っていません、

掛川市の掛川・新茶マラソン実行委員会は5日、2017年4月9日に予定していた第12回大会について、休止する方向で最終調整に入った。関係者への取材で分かった。今月7日の実行委の会議で最終決定する見通し。(引用元

2016/12/28更新:「掛川・新茶マラソン2017」は開催されます。

大会開催について、皆様には大変ご心配をおかけしておりましたが、12月27日の第3回実行委員会にて、第12回掛川・新茶マラソンを平成29年4月9日に開催することを正式に決定いたしました。皆様方におかれましては開催決定の延期により多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。(引用元

この記事をシェアする