読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

次も走りたい、と思える練習は長続きする【書評】常識破りの川内優輝マラソンメソッド

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

川内優輝さんの大学時代の恩師、津田誠一さんの本がとても素晴らしかったので紹介します。

津田さんは、学習院大学陸上競技部の監督時代に、当時大学生だった川内さんを指導しています。川内さんがランナーとしてブレークスルーするきっかけとなったが、『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』で紹介されている練習メソッド。

そのメソッドは、「ポイント練習は週2回だけ」「疲れを抜くことが大切」「次も走りたいと思える程度がちょうどいい」など、社会人時代の川内さんの走りからは想像できないほど、控えめな内容でした。

しかしそれは理にかなっていて、しかも仕事の合間に練習する市民ランナー向きの内容でした。

ポイント練習は週2回だけ

津田さんの指導法はシンプルでわかりやすいのが特徴。

私の指導(練習)法は、当時も今も、週に2回だけ集中して走力を強化する「ポイント練習」が軸。その他の日は、基本的に疲れを抜きながらジョッグをするというシンプルな内容です。

そして肝心のポイント練習では、一定ペースで走り切ることが大事だといいます。

最低ペースとは、レース中にどれだけ苦しくなっても、それ以上はペースダウンすることなく走れるペースのこと。この最低ペースを底上げすることこそが私の練習の目的であり、マラソンランナーが強くなるポイントなのです。最低ペースを底上げするには、スピード練習でも距離走でも、最初から最後まで一定ペースを保つことが大切になります。

週に2回という回数が絶妙で、平日働いている僕にとっては、平日に1回、週末に1回、きつめの練習をこなせば良いのです。水曜日と日曜日はきちんと練習したから、あとはマイペースで気楽に走ろう!と心に余裕が生まれます。これが週3回だと長続きしないと思います。

疲れを抜くことが大切

津田さんは、疲れを抜くことの大切さを何度も強調しています。

練習のしすぎでオーバートレーニングになるよりも、ちょっと足りないくらいのほうが良い。。

なので、ポイント練習の日は頑張りすぎないことと、それ以外の日は疲れを抜くことがとても重要だと言います。

ちなみに、学習院に入ったばかりの川内さんはオーバートレーニングの傾向があったので、津田さんは「練習しすぎない」メニューを川内さんのために作ったそうです。

次も走りたい、と思える練習をする

もっというと、練習では100%の力を出し切ってはいけないのですね。

練習後に「もっと走りたい!」と思えるくらいの練習でとどめておくことが、練習の効果を高めるひとつの目安になるでしょう。次回、同じ練習をするときに「走りたい」と思えるかどうかも目安のひとつです。

これには目から鱗でしたが、よく考えてみると正しいなと思いました。

これまでぼくはフルマラソン出場に向けて、ポイント練習を週4回行うメニューを組んでいました。このメニューの一番の問題は練習が長続きしないことです。プラン通り続くのはせいぜい4週間、それからはダレてきて、肝心のレース前の練習が疎かになっていました。

次も走りたい、と思える練習をすれば、結果的に練習が長続きします。当たり前のことですが、自分も含めて、出来ていない人は多いのではないでしょうか。

さいごに

フルタイムで働いていると、平日にポイント練習をやるのは正直しんどい。でもそれが週1回なら頑張れます。残りの1回は週末に頑張ればいい。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run