キプチョゲの「サブ2」再挑戦は2019年10月、ウィーンのプラーター公園にて開催

更新:

キプチョゲの「サブ2」再挑戦は2019年10月、ウィーンのプラーター公園にて開催

2019年10月、人類最強のマラソン選手エリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)が、フルマラソンを2時間以内で完走する「サブ2」にチャレンジします。

本プロジェクトの公式ツイッターアカウント(@INEOS159)でイベントの詳細が更新されました。

場所は音楽の都、ウィーン

2017年に行われた「サブ2」のイベントは、イタリアのモンツァで開催されました。しかも場所は、サーキット場内というかなり特殊な環境でした。

今回選ばれたのは、オーストリアの首都ウィーン。オーストリア=ハンガリー帝国の首都として栄え、モーツァルトやベートーヴェンなどの作曲家が活躍した「音楽の都」としても有名な街です。

イベントの会場は、ウィーン市内にあるプラーター公園。あの名作映画『第三の男』に登場する、プラーター遊園地は、プラーター公園の敷地内にあります。

9.6kmの周回コース

さて、気になるコースは、1周9.6kmの周回コースとなっています。

ルストハウス(Lusthaus)とプラータースターン(Pratersten)の二つのラウンドアバウトを結ぶ、4.3kmの一本道を往復するコースです。以下は、コースの様子をシミュレーションした動画です。

日程は、2019年10月12日〜20日

イベントの開催日程は、2019年10月12日〜20日の9日間となっています。10月に気候は割と安定しているそうですが、天候によって日程が決まるそうです。

ウィーンが選ばれた理由

公式ブログによると、「サブ2」の舞台にウィーンが選ばれた理由は以下のとおりです。

  • 高速フラットコース
  • 4.3kmの直線道路
  • 10月の気候が最適
  • 空気がきれい
  • 道幅の広い道路
  • 両側に観客が配置できる
  • キプチョゲの地元、ケニアから3時間の時差
  • ウィーン市長によるサポート

以下はランナー目線のコースのシミュレーション(動画より)。

さいごに

ウィーンとは意外な選択肢でしたが、フラット&直線で良いタイムが期待できそうですね!

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧