京都マラソンの「ふるさと納税枠」を使えば、実費2,000円〜で出走権がもらえる!

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

7月20日(木)午前10時から「京都マラソン2018」の一般枠のエントリー受付が始まります。昨年は一般枠に5万8千人ものランナーが殺到し、抽選倍率はなんと3.8倍!

確実に参加する方法はないかと探していたら、同じタイミングで「ふるさと納税枠」のエントリー受付も開始するんですね。寄付金額は10万円とお高いですが、税控除額が10万円以上であれば実質2,000円でエントリーできます。先着580名なので、寄付金の支払いが滞りなくできれば、ほぼ確実に出走権を得ることができます。

公式サイトhttp://www.kyoto-marathon.com/entry/suppor.php

通常、ふるさと納税枠でエントリーすると本人しか出走できませんが、京都マラソンはかなりフレキシブルで、寄付者以外の出走もOK複数人での寄付もOK、となっています。

チャリティーランとは異なり、寄付金はふるさと納税枠で税控除されます。寄付金として一旦10万円を支払いますが、税控除の対象となるため、一部が後から戻ってきます。公式サイトによると、年収300万円だと実質負担額は62,897円、500万円だと33,094円、670万円以上だと2,000円となります。

一点注意が必要なのは、寄付金10万円とは別に参加料12,000円がかかること。どうやら寄付金を入金した後に、特設サイトに案内されるようです。京都マラソンの場合、寄付金はあくまでも「出走権」がもらえるということですね。

寄付金の入金後4日以内に、京都マラソン事務局から、出走される方にエントリーサイト(ランネット)の「ふるさと納税枠専用URL」をお知らせします。必要事項を入力し、参加料の入金をしてください。

「京都マラソン 2018」ふるさと納税枠エントリー

  • 開催日:2018年2月18日(日)
  • 開催場所:京都府京都市
  • 寄付金:10万円
  • 受付期間:2017年7月20日(木)~11月24日(金)
  • 募集定員:先着580名

ふるさと納税枠でエントリーできるマラソン大会

以前、「ふるさと納税」で申し込めるマラソン大会一覧という記事を書きましたが、国内のメジャーなマラソン大会でもふるさと納税枠が次々と設けられていますね。すでにエントリーは締め切られていますが、フルマラソンでも結構有名な大会がふるさと納税枠で募集しています。

かすみがうらマラソン

  • 開催日:2017年4月16日(日)
  • 開催場所:茨城県土浦市
  • 寄付金:5万円
  • 受付期間:2016年12月7日(水)~翌年1月11日(水)
  • 募集定員:先着200名

公式サイトhttps://www.kasumigaura-marathon.jp/entry/furusato/

しまだ大井川マラソンinリバティ

  • 開催日:2017年10月29日(日)
  • 開催場所:静岡県島田市
  • 寄付金:5万円
  • 受付期間:2017年6月1日(木)~6月30日(金)
  • 募集定員:先着100名

公式サイトhttp://shimada-marathon.jp/furusato.php

大阪マラソン

  • 開催日:2017年11月26日(日)
  • 開催場所:大阪府大阪市
  • 寄付金:10万円
  • 受付期間:2017年4月4日(火)〜5月19日(金)
  • 募集定員:先着600名

公式サイトhttps://www.osaka-marathon.com/2017/runner/entry/apply_d/

神戸マラソン

  • 開催日:2017年11月19日(日)
  • 開催場所:兵庫県神戸市
  • 寄付金:10万円
  • 受付期間:2017年4月3日(月)〜
  • 募集定員:先着200名

公式サイトhttp://kobe-marathon.net/2017/runner/entry_cheer.html

B!

同じカテゴリの記事

埼玉の奥地で見つけた”進化系”日帰り温泉「おふろ cafe 白寿の湯」

ロボットの走行能力はここまで進化していた!ボクト・イッショニ・ハシロウヨ

未分類」の記事一覧へ ▶︎