スポーツ界のアカデミー賞「ローレウス」にファーラー、上地結衣等がノミネート

スポーツ界のアカデミー賞「ローレウス」にファーラー、上地結衣等がノミネート|ともらん


作成| 更新

世界で最も権威あるスポーツ賞、ローレウス世界スポーツ賞(The Laureus World Sports Awards)の2018年授賞式が、2月にモナコで開催されます。それに先立ち、各賞にノミネートされた選手たちの名前が公表されました。

陸上競技からは、男子中長距のモー・ファーラーや女子短距離のアリソン・フェリックス、女子中距離のキャスター・セメンヤなどがノミネートされています。

また、車椅子テニスの選手で現在世界ランキング1位の上地結衣さんが、唯一の日本人としてノミネートされました!

毎年、スポーツの各分野で最も活躍した選手・チームを称えるローレウス世界スポーツ賞は、日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米ではスポーツ界のノーベル賞と言われるほど注目を集めています。

それぞれのカテゴリにノミネートされた選手・チームを見ていきましょう。

▼もくじ

最優秀”男子”選手

世界大会連覇や世界記録更新など偉業を成し遂げたスポーツマンに贈られる賞。2017年は人類最速の男、ウサイン・ボルトにが受賞しました。

2018年は次の6名がノミネートされています。陸上競技からは、ロンドン世界陸上の10,000mで金メダルと5,000mで銀メダルを獲得し、今後マラソンでの活躍が期待されるモー・ファーラーのみ。
2018n

  • MO FARAH (UK) Athletics
  • ROGER FEDERER (Switzerland) Tennis
  • CHRIS FROOME (UK) Cycling
  • LEWIS HAMILTON (UK) Motor Racing
  • RAFAEL NADAL (Spain) Tennis
  • CRISTIANO RONALDO (Portugal) Football

最優秀”女子”選手

世界大会連覇や世界記録更新など偉業を成し遂げたスポーツウーマンに贈られる賞。2017年はリオ五輪で金メダルを獲得した体操選手シモーネ・バイルズが受賞しています。

2018年は次の6名がノミネート。陸上競技からは、ロンドン世界陸上の4x100mリレーと4x400mリレーでダブル金メダル、400mで銅メダルを獲得したアリソン・フェリックス、ロンドン世界陸上の800mで金メダルと1,500mで銅メダルを獲得したキャスター・セメンヤの2名。

  • ALLYSON FELIX (USA) Athletics
  • KATIE LEDECKY (USA) Swimming
  • GARBINE MUGURUZA (Spain) Tennis
  • CASTER SEMENYA (South Africa) Athletics
  • MIKAELA SHIFFRIN (USA) Skiing
  • SERENA WILLIAMS (USA) Tennis

最優秀”成長”選手

今後の成長が大いに期待できるスポーツ選手・チーム、または大きく成長したスポーツ選手に贈られる賞。2017年はF1ドライバーのニコ・ロズベルグが受賞。

2018年は次の6名がノミネート。

  • GIANNIS ANTETOKOUNMPO (Greece) Basketball
  • CAELEB DRESSEL (USA) Swimming
  • SERGIO GARCIA (Spain) Golf
  • ANTHONY JOSHUA (UK) Boxing
  • KYLIAN MBAPPÉ (France) Football
  • JELENA OSTAPENKO (Latvia) Tennis

最優秀”復帰”選手

ケガや病気、スランプを乗り越えて再び世界の舞台に戻ってきたスポーツ選手・チームに贈られる賞。2017年はアメリカの競泳選手マイケル・フェルプスが受賞しています。

2018年は次の6名がノミネート。陸上競技からは、ロンドン世界陸上の100mで金メダルを獲得したジャスティン・ガトリン、ロンドン世界陸上の100mハードルで金メダルを獲得したサリー・ピアソンの2名。

  • FC BARCELONA (Spain) Football
  • ROGER FEDERER (Switzerland) Tennis
  • JUSTIN GATLIN (USA) Athletics
  • SALLY PEARSON (Australia) Athletics
  • VALENTINO ROSSI (Italy) Motor Cycling
  • CHAPECOENSE (Brazil) Football

最優秀チーム

世界大会での優勝など偉業を成し遂げたスポーツチームに贈られる賞。2017年はアメリカの野球チーム、シカゴ・カブスが受賞しています。

2018年は次の6チームがノミネート。

  • FRANCE DAVIS CUP TENNIS TEAM (France)
  • GOLDEN STATE WARRIORS (USA) Basketball
  • MERCEDES-AMG PETRONAS F1 TEAM (Germany) Motor Racing
  • NEW ZEALAND AMERICA’S CUP SAILING TEAM (New Zealand) Sailing
  • NEW ENGLAND PATRIOTS (USA) American Football
  • REAL MADRID (Spain) Football

最優秀”障害者”選手

パラオリンピックで活躍し、強いリーダーシップを発揮したスポーツ選手に贈られる賞。2017年は車椅子のフェンシングで優勝したベアトリーチェ・ヴィオが受賞しています。

2018年は次の6名がノミネート。陸上競技からは、ロンドン世界パラ陸上の800m、1,500m、5,000mで三冠を成し遂げたマルセル・フグ、ロンドン世界パラ陸上の走幅跳で2位に1m以上の差をつけて優勝したマルクス・レームの2名。

そして、今回ノミネートされた唯一の日本である車椅子テニスの上地結衣さんの名前もありました!上地さんは、グランドスラム3大会(全豪・全仏・全米)を含むシングルス18大会のうち14大会で優勝。さらにダブルスでも全英・全仏で優勝。現在、車椅子テニス世界ランキング1位です。

  • MARCEL HUG (Switzerland) Athletics
  • YUI KAMIJI (Japan) Wheelchair Tennis
  • OKSANA MASTERS (USA) Cross-country Skiing
  • BIBIAN MENTEL-SPEE (Netherlands) Snowboarding
  • JETZE PLAT (Netherlands) Triathlon and Cycling
  • MARKUS REHM (Germany) Athletics

最優秀”アクションスポーツ”選手

世界大会での優勝や世界記録更新など偉業を成し遂げたアクションスポーツ選手に贈られる賞。2017年はマウンテンバイク選手のレイチェル・アサートンが受賞しています。

2018年は次の6名がノミネート。

  • JOHN JOHN FLORENCE (USA) Surfing
  • ANNA GASSER (Austria) Snowboarding
  • NYJAH HUSTON (USA) Skateboarding
  • ARMEL LE CLÉAC’H (France) Sailing
  • MARK MCMORRIS (Canada) Snowboarding
  • TYLER WRIGHT (Australia) Surfing

最も感動した瞬間

フェアプレーやスポーツマンシップなど、スポーツシーンにおける感動の瞬間を讃える賞。2017年はサッカーチームのバルセロナU12が受賞。

2018年は次の5つの「瞬間」がノミネートされています。

  • BILLY WHIZZ IS BACK (UK)
  • BRAVE BRADLEY’S FIGHT (UK)
  • ETERNAL CHAMPIONS (Brazil)
  • WAVE FOR THE KIDS (USA)
  • WHEN TEARS TURN INTO SMILES (FRA/FIN)
  • 以上。

    2018年の授賞式は2月27日にモナコで開催されます。結果はこちらの記事でも更新しますが、ローレウス世界スポーツ賞の Twitterから速報が確認できます。

    ワンポイントアドバイス

    陸上競技の世界では、IAAFが毎年開催しているアスリート・オブ・ザ・イヤー(World Athlete of the Year)が有名ですが、ローレウス世界スポーツ賞はスポーツ全般で活躍している選手を表彰します。

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。