「ロンドンマラソン2018」エントリー開始!公式サイトから応募する方法まとめ

今日から「ロンドンマラソン2018」のエントリーが始まりました!ついこの間2017年の大会が終わったばかりなのに、海外のマラソン大会(特にワールド・マラソン・メジャーズ)はエントリー時期が早いですね。。

エントリーの締め切りは、2017年5月5日の17時(GMT)。日本時間だと2017年5月6日の1時です。

ロンドンマラソンは、ワールド・マラソン・メジャーズ(いわゆる世界6大マラソン)のひとつに数えられる、世界トップレベルのマラソン大会です。2003年にはポーラ・ラドクリフがロンドンマラソンで2時間15分25秒をマークし、マラソン女子世界記録を樹立しています。

個人的な目標として、5年以内にワールド・マラソン・メジャーズの6大会をすべて完走し、Six Star Finisherになることを掲げているので、早速「ロンドンマラソン2018」にエントリーしておきました

日本から「ロンドンマラソン」にエントリーする方法

日本人が海外のマラソン大会にエントリーするには2つの方法があります。

  1. 公式サイトから直接申し込む
  2. 日本の旅行会社が企画するマラソンツアーに申し込む

今回ぼくは公式サイトから直接エントリーしました。とはいえ、ロンドンマラソンは東京マラソンと同様に応募者数が出場枠を大きく上回るので、抽選制のエントリー(Ballot Entry)になります。抽選倍率は、毎年5倍前後。チャリティー枠でエントリーすれば出場枠は確保されますが、参加費が25万円ほどかかります。

出場枠を確保したければ、マラソンツアーでの参加がおすすめです。ただし、旅費宿泊費込で40〜50万円かかるのでお金に余裕がないと難しいですが。。

関連記事:「海外マラソンツアー」のメリット・デメリットについて調べてみた

「ロンドンマラソン」の公式サイトからエントリーしてみた

2018年大会のエントリーページはこちら。同じ抽選制エントリー(Ballot Entry)でも、イギリス国内(UK)と海外(Oversea)で分かれているので、日本からエントリーする場合は後者を選びます。

エントリーに必要なのはメールアドレスのみ。「シカゴマラソン」のエントリーのようにクレジットカード情報も必要ありませんでした。

まずはエントリーページからメールアドレスとパスワードを登録し、個人情報を入力していきます。

職業、携帯電話番号、緊急連絡先などを入力します。携帯電話番号には、レース完了後に記録がSMSで送信されます。緊急連絡先は、英語がわかる人を指名しましょう。

個人情報以外にも、普段飲んでいるスポーツドリンク、お気に入りのランニングシューズ、フェースブックアカウントの有無などを聞かれました。ロンドンマラソンに出場する理由についても聞かれたので、「To get another AbbotWMM star」(Six Star Finisherの星を得るため)を選んでおきました。

最後に、自分がサポートしたいチャリティー団体を選びます。チャリティー枠ではないので必須ではないですが、ぼくは「Worldwide Cancer Research」を選んでおきました。

以上で抽選制エントリーへの申し込み完了!この時点で費用はかかりません。「シカゴマラソン」にエントリーした時は、抽選制エントリーの際にクレジットカード情報を入力し、当選すると出場費がカードに課金される仕組みでした。

抽選の結果は2017年10月に

登録したメールアドレスに、エントリー完了のお知らせが届きました。本文を読むと、抽選の結果は10月頃に連絡するとのこと。

海外マラソンのエントリー記事

  • 世界6大マラソン制覇への第一歩。「シカゴマラソン2017」にエントリー!
  • この記事をシェアする