ロンドン”格安”旅行の必須アイテム「オイスターカード」。地下鉄が最大半額!バスも一律料金

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

ロンドン滞在中に持っておくと便利なのが、オイスターカード(Oyster Card)と呼ばれるチャージ式のプリペイドカード。日本のSuicaカードやPasmoカードのように事前にチャージしておけば、ピッとタッチするだけで地下鉄やバスに乗ることができます。

しかも現金で都度購入するよりも断然お得なので、地下鉄やバスでの移動を考えている人は迷わずにオイスターカードを入手しましょう。駅の券売機で簡単に買えますし、チャージが使いきれなかったら返金してもらうことも可能です。

運賃はなんと約半額!

ロンドンの地下鉄は9つのゾーン(zone)に分かれており、ゾーン間の移動によって運賃が決まります。

例えば、セントポール駅からウェストミンスター駅まではゾーン1の範囲内に収まるので、最安の運賃が適用されます。オイスターカードを使うと、なんと現金で切符で買うよりも半額以上も安くなります

  • オイスターカードで支払い:£2.40
  • 現金で支払い:£4.90

一方、ヒースロー空港からウェストミンスター駅までは、ゾーン6からゾーン1の移動になりますが、時間帯によって運賃が異なります。平日6時半〜21時半以外のオフピークであれば、オイスターカードでの運賃は現金の約半分で済みます。

  • オイスターカードで支払い:£3.10(オフピーク)/£5.10
  • 現金で支払い:£6.00

ヒースロー空港からロンドン中心部までは、タクシーだと£60〜90、ヒースローエクプレスだと£22かかります。格安で観光するなら、地下鉄ピカデリー線(Piccadilly)で市内へ向かいましょう。もちろん、ヒースロー空港の地下鉄駅にもオイスターカードの券売機があります。

券売機で1分で発券できる

どの地下鉄駅にも改札の近くに券売機が置いてあります。新規購入の場合は、「Get New Cards」を選択し、チャージ金額を設定し、クレジットカードで支払います。

チャージ(Top up)する場合は、右下の黄色い受信機にオイスターカードをかざしてから、チャージ金額を支払います。最後にもう一度オイスターカードをかざさないと、カードにチャージされないので忘れないようにしてください。

多言語に対応しているので、英語が苦手な方はタッチスクリーン下から日本語を選びましょう。

オイスターカードの使い方

一旦チャージしてしまえば、あとは改札でタッチするだけです。日本の改札より若干反応が遅いので、急がずに進みましょう。


オイスターカードがあれば、ロンドンの二階建てバスにも乗れます。運賃は一律£1.50。乗る時は前のドアから入り、運転手の横の受信機にオイスターカードをかざします。降りる時は後ろ側のドアから出るだけ。タッチする必要はありません。

日本でもオイスターカードが買える?

はい、買えます。英国政府観光庁オンラインショップで観光客向けのビジター・オイスター・カード (London Visitor Oyster Card)を日本で事前に購入することができます。

どれくらいチャージすればいいの?

英国政府観光庁のサイトには「2日間滞在予定の場合のチャージ目安額は£20です」と書かれていますが、どれくらい地下鉄とバスに乗るかによります。

細かく計算するのであれば、ロンドン地下鉄の運賃検索ページで乗車駅と降車駅を入力すると運賃が表示されます。

ロンドンの地下鉄路線図はこちら

オイスターカードには有効期限がないので、またロンドンに来る予定がある人は、多めにチャージしておいても問題ありません。

B!

同じカテゴリの記事

女満別空港→網走の移動手段。バス、タクシー、電車の運賃・所要時間比較

ハングル文字を読めない人が、韓国で電車に乗る方法(ソウル~水原)

旅ハック」の記事一覧へ ▶︎