TRAVEL

バッキンガム宮殿の隣にある「セント・ジェームス・パーク」は野鳥の王国だった

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

ロンドンのトラファルガー広場とバッキンガム宮殿を結ぶ「ザ・マル」を走ったついでに、セント・ジェームス・パーク(St James’s Park)でジョギングしてきました。

女王は野鳥がお好き?

先ずはセント・ジェームス・パークの地図を見てみましょう。「ザ・マル」に沿って東西に長細い形をしています。外周は2キロほど。中央には、公園の敷地面積の1/3を占める大きな湖があります。

湖があるためか、セント・ジェームス・パークには数多くの野鳥種類が生息しています。種類も多いですね。「セント・ジェームス・パークの野鳥」を見ると、ざっと25種類。

水辺を走っているといろんな野鳥に出会えます。こちらは「Coot」。ツル目クイナ科オオバン属に分類される鳥類の一種で、日本語では「オオバン(大鷭)」というそうです。

なんとペリカンもいました!普通は動物園じゃないといないですよね。意外と凶暴なので、餌やりは禁止されています。

遠くで良く見えなかったのですが、2羽のペリカンが確認できました。

バードウォッチングしながら走る

セント・ジェームス・パークは、ロンドンの王立公園の中では規模が小さく、観光客も多いため、あまりランニング向きではなさそうです。バードウォッチングしながらジョギングするのがちょうど良いですね。

園内にはこんな素敵なカフェもあるので、朝ランの後に朝食、というのも良いですね。週末なら、ちょっと遅めの朝らんで、ブランチかな。

イギリスで春の到来を告げる水仙の花が咲き始めています。ライトブルーと白のコントラストが素敵です。

まとめ

以上、バッキンガム宮殿の隣にある「セント・ジェームス・パーク」を紹介しました。トラファルガー広場からもすぐなので、観光のついでにフラッと立ち寄ってみてはいかがでしょう。

関連記事:旅行や出張に使える「ロンドンの走り方」をまとめました

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎

この記事のカテゴリ

TRAVEL

旅ランのカテゴリへようこそ!旅するとと、走ることが大好きな tomo.です。旅行や仕事で訪れた街を走ったり、自ら準備・企画して秘境の地を走ったりと、旅ランをライフワークにしています。そんなランナーだからこそ見える旅の風景をお届けすると同時に、旅先で見つけた面白いものも紹介していきます。

TRAVEL の記事一覧へ  ▶︎

この記事のトピック

同じトピックの関連記事もご覧ください。

ロンドン世界陸上2017のメイン会場「クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク」を走る|
ロンドン「ヴィクトリア・パーク」の水飲み場。150年前と今ではこんなに違う!?|
ロンドン空襲の焼け跡に造られた公園「マイル・エンド・パーク」|
ロンドンの「豊洲」で朝ラン。倉庫街跡地に広がる「カナリー・ワーフ」がこんなに美しいとは。。|
イギリスの東尋坊!?白亜の断崖絶壁が美しく恐ろしい「ビーチーヘッド」の行き方と走り方|
ロンドン橋の南側「バンクサイド」でタイムスリップ体験。中世の宮殿からテート・モダンまで|
ロンドンから日帰り可能。イギリス南端のビーチリゾート「イーストボーン」を走る|