TRAVEL

バッキンガム宮殿目指して「ザ・マル」を快走!故ダイアナ妃やロンドン五輪選手も通った道

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

前から一度走ってみたかったんですよね、ザ・マルを。

ザ・マル(The Mall)とは、ロンドンのど真ん中にある、トラファルガー広場とバッキンガム宮殿を結ぶ約1キロの大通りです。イギリスの国家行事には欠かせない神聖な場所で、皇室のロイヤル・ウェディングや国賓歓迎の儀式に必ず使われます。

チャールズ皇太子と故ダイアナ妃のロイヤル・ウェディングでも通りましたし、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンのロイヤル・ウェディングでも。


2012年に開催されたロンドン五輪のフルマラソンでも、ザ・マルが発着点でした。


トラファルガー広場から出発

やってきました、トラファルガー・スクウェア。かの有名な「トラファルガーの海戦」の勝利を讃えるために造られた広場です。写真左には、ネルソン提督の銅像が立っています。正面はザ・ナショナル・ギャラリー、世界有数のの美術館です。

気分は意気揚々としているのに、天気が崩れてきました。これは雨が降る予感…。

トラファルガー広場からは、アドミラルティ・アーチを通って、ザ・マルへ入っていきます。

バッキンガム宮殿へ直進!

アドミラルティ・アーチから見たバッキンガム宮殿。直線距離で1キロ弱あるので、ほとんど霞んで見えないですね。

その時、左側から強い視線を感じました。クック提督の銅像が通行者を見下ろしています。

進行方向の左手には、王立公園のひとつであるセント・ジェームズ・パークが広大な敷地を構えています。ここも走ってきたので、別の機会で紹介します。

ホコ天ではないのですが、ほとんど車通りがないため、せっかくなのでザ・マルのど真ん中を走って見ます。バッキンガム宮殿がどんどん近づいてきます。

おっと、雨が降り始めました。それも小雨ではなく、スコールっぽい雨。

バッキンガム宮殿に到着!

宮殿の正面の様子です。週末とはいえ、天気が悪いので観光客はそんなにいませんでした。

バッキンガム宮殿の隣には、また別の王立公園であるグリーン・パークが広がります。

バッキンガム宮殿のからザ・マルを見た様子。

まとめ

以上、イギリス皇室の式典に不可欠な存在とも言えるザ・マルを走ってきました。週末の夕方に行ったせいか、車通りも少なく、大通りのど真ん中を威風堂々と走ることができました。なるべく車通りの少ない時間を狙っていくのがオススメです。あとできれば天気が良いといいですけど、こればかりはロンドンなのでいつも予想外ですね。

関連記事:旅行や出張に使える「ロンドンの走り方」をまとめました

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎

この記事のカテゴリ

TRAVEL

旅ランのカテゴリへようこそ!旅するとと、走ることが大好きな tomo.です。旅行や仕事で訪れた街を走ったり、自ら準備・企画して秘境の地を走ったりと、旅ランをライフワークにしています。そんなランナーだからこそ見える旅の風景をお届けすると同時に、旅先で見つけた面白いものも紹介していきます。

TRAVEL の記事一覧へ  ▶︎

この記事のトピック

同じトピックの関連記事もご覧ください。

ロンドン世界陸上2017のメイン会場「クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク」を走る|
ロンドン「ヴィクトリア・パーク」の水飲み場。150年前と今ではこんなに違う!?|
ロンドン空襲の焼け跡に造られた公園「マイル・エンド・パーク」|
ロンドンの「豊洲」で朝ラン。倉庫街跡地に広がる「カナリー・ワーフ」がこんなに美しいとは。。|
イギリスの東尋坊!?白亜の断崖絶壁が美しく恐ろしい「ビーチーヘッド」の行き方と走り方|
ロンドン橋の南側「バンクサイド」でタイムスリップ体験。中世の宮殿からテート・モダンまで|
ロンドンから日帰り可能。イギリス南端のビーチリゾート「イーストボーン」を走る|