読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

タートル(Trtl)ネックピロー【徹底レビュー】エコノミークラスでも快適に熟睡できる

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

長距離フライトのエコノミークラスでも快適に熟睡するために、タートル(Trtl)のネックピローを購入しました。

タートルのネックピローの特徴は、スカーフのように首に巻きつけて使用すること。中にプラスチックの支柱が入っており、アゴから上の部分を支えてくれます。持ち運びにかさばらず、首も痛くならない。

実際に長距離フライトで使った感想をもとに「タートル ネックピロー」の特徴・使い方をわかりやすく解説します!

タートル ネックピローを選ぶ理由

タートル ネックピローは、普通のネックピローと異なり、マフラーのように首に巻きつけます。中にフラットな固定枠が入っているので、首を直立した状態で保ってくれます。取り外しが簡単なコルセットといえばわかりやすいと思います。

ほぼフラットに折りたためるので持ち運びがラクですし、かさばらないのがいいですね。

首に巻きつける仕様なので、フィット感が抜群です。普通のネックピローだとどうしても隙間やズレが生じてしまいますが、「Trtl タートル」はピタッと装着できるので安定感が違います。

それから基本的にマフラーと同じ原理なので、首全体がじんわり温まります。風邪の予防になりますし、眠りにつきやすくなるので、一石二鳥ですね!

使い方

使い方はとても簡単。タートル ネックピローを広げて、スカーフのように首に巻きつけるだけ。最後にマジックテープで固定します。

ライトグリーンの部分がマジックテープになっており、収納する時と、首に巻きつけた時に使用します。

広げるとこんな感じです。

首に巻きつけて固定しました。アゴの左側に支柱となるプラスチックが埋め込まれているので、そちらにアゴを置けば、首に負担をかけずに熟睡できます。

実際にの羽田〜ロンドンの長距離フライトでも威力を発揮してくれて、12時間のうち半分は熟睡できました!おかげで時差ボケもそれほど辛くなく、フライトの後も快適に過ごせました!

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎