長距離フライトを快適にする三種の神器。「Trtl タートル」ネックピローなど

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

昨年は仕事とプライベートで28回も飛行機に乗りました。そのうち、7時間以上の長距離フライトが東京からロンドン、バンクーバー、シドニー、シアトル、シンガポールの5往復も!ビジネスクラスならフルフラットシートで優雅に空の旅を楽しめるのですが、エコノミー族のぼくには縁の無い世界です(笑)。

でも、もう大丈夫。長距離フライトを快適にする三種の神器を手に入れたので、狭くてリクライニングできないエコノミーシートでも、身体に負担をかけずに熟睡できるようになりました。

先週の羽田〜ロンドンの12時間フライトでも威力を発揮してくれましたので、使用感を含めレビューしたいと思います。

今回紹介するのは次の商品です。

  • Trtl タートル トラベルネックピロー
  • PLEMO 立体型睡眠アイマスク
  • メトリックプロダクツトラベルスリッパ

Trtl タートル トラベルネックピロー

こちらは普通のネックピローと異なり、マフラーのように首に巻きつけます。中にフラットな固定枠が入っているので、首を直立した状態で保ってくれます。取り外しが簡単なコルセットといえばわかりやすいと思います。

ほぼフラットに折りたためるので持ち運びがラクですし、かさばらないのがいいですね。

首に巻きつける仕様なので、フィット感が抜群です。普通のネックピローだとどうしても隙間やズレが生じてしまいますが、「Trtl タートル」はピタッと装着できるので安定感が違います。

それから基本的にマフラーと同じ原理なので、首全体がじんわり温まります。風邪の予防になりますし、眠りにつきやすくなるので、一石二鳥ですね!

アマゾンで「Trtl タートル トラベルネックピロー」のレビューと最新価格をチェックする

PLEMO 立体型睡眠アイマスク

こちらは低反発素材を使用した立体型のアイマスク。結構厚みがあるので、普通のアイマスクに比べてかさばるのが難点ですが、その厚さには意味がありました。

まず装着感。目の周りを優しく包み込むような着け心地が素晴らしいです。これまで使っていたアイマスクは折り紙だったんじゃないか?と思うほとです。

そして目の周りをじんわり温めてくれるので、眠りにつきやすくなります。目覚めたら目の疲れも取れていました(笑)。

アマゾンで「PLEMO 立体型睡眠アイマスク」のレビューと最新価格をチェックする

メトリックプロダクツトラベルスリッパ

長距離フライトで忘れてはいけないのが足のケア。ぼくは靴だけでなく、靴下も脱いでスリッパを履くようにしています。靴下も少なからず足を締め付けますからね。

こちらは一見何の変哲も無いスリッパですが、装着感が抜群なので、旅行の時は飛行機のみならずホテルでも使っています。

素材が丈夫な上、綺麗に折りたたむことができるので、かさばらないのがいいですね。それから土踏まずの部分にある突起が足つぼを優しく刺激しつつフィット感を高めてくれます。

アマゾンで「メトリックプロダクツトラベルスリッパ」のレビューと最新価格をチェックする

まとめ

以上、長距離フライトを快適にしてくれる新感覚なネックピロー、アイマスク、スリッパを紹介しました。先週の羽田〜ロンドンのフライトでも威力を発揮してくれて、12時間のうち半分は熟睡できました!おかげで時差ボケもそれほど辛くなく、フライトの後も快適に過ごせています。

ちなみにネックピローとアイマスクを装着するとこんな感じです!

トラベルスリッパを履くとこんな感じ。

B!

同じカテゴリの記事

女満別空港→網走の移動手段。バス、タクシー、電車の運賃・所要時間比較

ハングル文字を読めない人が、韓国で電車に乗る方法(ソウル~水原)

旅ハック」の記事一覧へ ▶︎