4000円台で買えるマッサージクッション「ルルド」で、今日も足の疲れを癒やしています

我が家のソファーには、マッサージクッション「ルルド」が置いてあります。一見するとおしゃれなクッションに見えますが、スイッチを入れると内蔵された「もみ玉」が動き出し、まるでプロの手でもみほぐしてもらっているようなマッサージが受けられます。


ソファーに座りながら、首や肩、腰など凝った部分にルルドを当てることで簡単にもコリをほぐしてもらえるのがいいですね。ぼくは、足裏やふくらはぎのマッサージにも使っています。これが意外と効きます。

足裏をもみほぐすときは、ソファーに座り、床においたルルドに足をのせます。スイッチを入れると、足裏マッサージがはじまります。足裏にはいろんなツボがあるので、足の位置をすこしずつずらし、足全体をマッサージするようにしています。

ふくらはぎをもみほぐすときは、ソファーに座り、オットマンにおいたルルドに足をのせます。オットマンがなければ床に座っても良いでしょう。スイッチを入れると、もみ玉がふくらはぎをグイグイもみほぐしてくれます。

ルルドは1回15分で自動的に電源が切れる設計になっているので、いつもは足裏15分、ふくらはぎ15分を1セットずつやっています。疲れがひどい時は、足裏を30分かけてもみほぐします。これをやっておくと脚の疲れがスッと抜けるので、トレーニングした日はなるべくマッサージするようにしています。テレビを観たり、ブログを書いたりしながら出来るのがいいですね。

最近では実勢価格もかなり下がって、4000円台で買えたりすることもあります。最新価格はアマゾンでチェックしてみましょう。

小さいサイズの「ルルド S」や、逆に大きめの「ルルド L」もあるので、主に使う場所を考えて適切なサイズを選ぶとよいでしょう。

この記事をシェアする