LSDと坂道トレーニングは旅ランで楽しく走れる!碓氷峠で33キロ、高度1200メートル

更新:

LSDと坂道トレーニングは旅ランで楽しく走れる!碓氷峠で33キロ、高度1200メートル

6月4日の「黒部名水マラソン2017」まで、残すところ一ヶ月となりました。先月は「前橋渋川シティマラソン2017」を欠場してしまい、しばらく30キロ超のロングランができていません。。

そこで今日は、中山道を走って旅する「ナカ旅」で長めのルートを組み、旅ランがてらロングランを走ってきました。しかも、中山道の難所「碓氷峠」を越えるという、坂道トレーニングも兼ねています。

本日の旅ランの概要

午前7時前に家を出て、北陸新幹線で高崎へ向かい、高崎〜安中は信越線で移動しました。

8時20分に安中宿を出発し、松井田宿坂本宿を経て、11時頃から碓氷峠を上り始めます。かなりの急勾配で疲労困憊し、足をつって歩けなくなりましたが、なんとか峠を越して軽井沢宿に着いたのが13時頃。それから沓掛宿まで走り、最後に天然温泉「とんぼの湯」に浸かってきました。

走行データは次のとおり。

  • 距離:33.0km
  • 移動タイム:3:24:15
  • ペース:6:11/km

やはり峠越えで時間もエネルギーも相当消耗しました。。獲得高度はなんと1200メートル。碓氷峠もきつかったですが、安中宿から坂本宿までで500メートルほどの高度を獲得しています。どうりで足をつったわけだ。。

昨年10月に出場した「碓氷峠184ラン」の約3倍ですね。まあ「碓氷峠184ラン」はノンストップで碓氷峠を上りきったので、別の苦しみがありましたが。

関連記事:【軽井沢・碓氷峠ラン184】大会レポート:東京タワーより高い坂道を上りきれるか

旅+ロングラン+坂道トレーニング

今回の旅は、フルマラソンのレースに向けて良い練習となりました。33キロのロングランと獲得高度1200メートルの坂道トレーニング。一石三鳥と言ってもいいかもしれません。

自宅周辺だとこんなトレーニングできないですからね。仮に同じ条件のコースがあったとしても、走るモチベーションがわかないと思います。やはり「旅」に仕立てることで楽しみが生まれるのがポイントだと思います。

途中、横川駅で「峠の釜飯」を食べたり、

群馬県と長野県の県境で記念撮影したり、

旧軽井沢で観光したり、

前から行きたかった「とんぼの湯」に浸かって疲れを癒やしたり。

ワンポイントアドバイス

中山道の道中レポートは、別途ナカ旅」で更新します。

ロングランや坂道トレーニングなど、必要だけど気乗りしない練習は「旅」に仕立てるとモチベーションがグンとあがりますよ。

関連記事:LSDトレーニング×旅ランは相性抜群!長く楽しく走る方法

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧