【比較】ランニング月刊誌 2018年9月号。Qちゃん「夏ランの走り方」は必読!

2018年9月号は、高橋尚子さんの「夏ランの走り方」がとても参考になる『ランニングマガジン クリール』がおすすめです。

この記事では、ランニング月刊誌の『月刊ランナーズ』『ランニングマガジン クリール』『ランニング・スタイル』の2018年9月号の読みどころを紹介します。

月刊ランナーズ

先日の「サロマ湖100kmウルトラマラソン」で世界記録をマークした、風見尚選手の巻頭インタビューは読み応えがありました。

サラリーマンとしてフルタイム勤務をこなしながら、長距離走はあえて「平日の勤務後、疲れた状態で走る」とのこと。一番辛い練習をベストコンディションで行わないところに、風見尚選手の強さの秘密がありそうです。

特別企画の「朝ラン」特集も面白かったですね。朝ラン派の生活習慣や続けるコツを紹介するだけでなく、元夜ランナーたちがいかにして朝ランに転向したか?というストーリーも紹介。

ちなみに、ぼくも最近朝ランを1週間限定で試してみたのですが、今もなお夜ラン派です。

ランニングマガジン クリール

先月に引き続き、かなり充実した内容です。

まず、特集は高橋尚子さんの「真夏のランマニュアル」。夏はなるべく疲れを残さず、スタミナ強化に専念するのが Qちゃんの夏の走り方だそうです。

特に夏は、比較的涼しく走れ、脚力も鍛えられるトレイルランニングが Qちゃん的にはオススメとのこと。その次の特集「トレイル入門」も参考になりました。

インタビュー記事はエリウド・キプチョゲ、風見尚選手の豪華二本立て。

マラソン王者のキプチョゲがリカバリー(回復)の大切さを力説していたのは印象的でした。6時前に起きて21時にはベッドに入り、睡眠時間は1日9時間取るそうです。

Amazonでチェックする

ランニング・スタイル

巻頭特集は「脂肪燃焼RUN」とひときわ目を引きますが、いわゆるダイエット的な脂肪燃焼ではなく、持久力を高めるための脂肪燃焼のコツを紹介しています。

「脂肪=悪」という固定観念が定着していますが、ほどよい脂肪がエネルギー源となり、ランナーの持久力をアップさせてくれます。

第3特集の「今さら聞けない熱中症対策」は猛暑日が続く今にぴったりなトピックで、とても参考になりました。

水分補給に関しては、真水は避け、糖質とナトリウムをあわせて摂取できるスポーツドリンクを選ぶ。ランニング中は、最低でも15分〜20分に1回補給。気温が高い場合は、毎回100〜150ml飲むのが良いそうです。

毎回楽しみにしている付録は、特製の「手ぬぐい」でした。汗拭きタオルとしてだけでなく、ボトルホルダーやヘッドバンドとしても使えるのは有り難いですね!

まとめ

以上、ランニング月刊誌の『月刊ランナーズ』『ランニングマガジン クリール』『ランニング・スタイル』の2018年9月号の読みどころを紹介しました。

2018年9月号は、高橋尚子さんの「夏ランの走り方」がとても参考になる『ランニングマガジン クリール』がおすすめです。

ランニングマガジン クリール 2018年9月号