どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

ランニング月刊誌の『ランナーズ』(アールビーズ)と『ランニングマガジン クリール』(ベースボール・マガジン社)の2018年10月号を紹介します。

2018年10月号、どれか1冊だけ買うなら『ランナーズ』

ともらん的には『ランナーズ』をおすすめします。

『ランナーズ』2018年10月号を送料無料で注文する

ポイント1:富士登山競走

全10ページにおよぶ《第71回富士登山競走》の特集が充実していました。中でも「完走者たちのトレーニング」と題した体験談がよかったですね。

読んでいて自分も走ってみたいなと思いました。『ランナーズ』はこうした個々のランナー「声」を拾い上げるのが上手です。

ポイント2:足指力

これは今までにない、斬新なテーマでした。足指の力(=足指力)を鍛えて走力をアップしよう!という趣旨の内容です。

「忘れていませんか?足指力ってこんなにスゴい!」と言われても、「忘れる以前に、その発想はなかった…」という感じです。

見出しを読むだけでもワクワクします。

  • グーチョキパーできますか?「足指じゃんけん」にトライ
  • トレイルランで「足指力」を高める
  • 裸足ランの伝道師が勧める「小指だけ」タオルギャザー
  • 実は足指も疲労する ケアは「足指を引っ張るだけ」
  • 「ひざの故障中、小指と薬指だけが硬くなっていた」
  • オフィスにお風呂、寝る時も「足指マニア」ランナーの一日

ちなみに、グーチョキパーはちゃんと出来ました!

ポイント3:山中伸弥教授

山中教授の「僕にとって研究とランニングは、色々な意味で一体なんです。マラソンはゴールしなければ意味がない」の言葉にはシビれました。

世界一流の研究者のマラソン哲学が垣間見える良記事です。

『ランニングマガジン クリール』2018年10月号

『ランナーズ』の《第71回富士登山競走》は充実していますが、優勝者である五郎谷 俊さんのインタビュー記事を読みたければ『ランニングマガジン クリール』がおすすめ。全6ページにおよぶ渾身のインタビュー記事です。

『ランニングマガジン クリール』の大特集は「減量大作戦」。ともらん的には、さっと作れる「減量レシピ」が参考になりました。

減量って、食事と運動をセットにして考えないとですからね。

巻頭特集の「野口みずきインタビュー」でも、野口みずきさんが食事の大切さを説いていたのが印象に残っています。

『ランニングマガジンクリール』2018年10月号を送料無料で注文する

まとめ

厳しい暑さが続きますが、時々涼しい日があったり、日照時間が短くなったりと秋の訪れを感じています。もう間もなく秋のマラソンシーズンも始まります。

読書の秋ということで、ランニング雑誌を手にとってみてはいかがでしょう?

『ランナーズ』2018年10月号を送料無料で注文する

『ランニングマガジンクリール』2018年10月号を送料無料で注文する

この記事を読んで走りたくなったら

ランニング雑誌比較レビュー:2018年10月号」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!