ランニング・マラソン雑誌【徹底比較】2019年2月号

更新:

ランニング・マラソン雑誌【徹底比較】2019年2月号

市民ランナーにおすすめのランニング・マラソン雑誌はどれ?

「ランニング・マラソンに関する情報が知りたいけどネットの情報では不十分…」という方には、ランニング雑誌の購読をおすすめします。

次の三つの雑誌なら発行部数が多く、全国の書店やネット通販で取り扱いがあります。

  • 『ランナーズ』(アールビーズ社)
  • 『ランニングマガジン クリール』(ベースボール・マガジン社)
  • 『ランニングスタイル』(エイ出版)

当ブログ「ともらん」では、これら三誌を毎号欠かさずに購読しています。

定期購読していると、それぞれの特徴や長短がわかります。詳しくはこちらの記事にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

どれが一番おすすめか?と問われても、一概には答えられません。というのも、毎号の特集内容によりけりなので。

それを踏まえて、2019年2月号の内容を見ていきましょう!

『ランナーズ』2019年2月号

まず表紙で目をひくのが「ランナーの30%が発症『ひざ痛』を徹底予防!」特集です。

ひざは日本人ランナーが最も痛みを感じやすい場所。痛みの原因を理解して「ひざ痛」を予防するという内容です。

ひざ痛は、足首が内側に倒れ、ひざを曲げたときに内側に入ってしまうことで起こるそうです。お尻や体幹の筋肉を使って走ったり、スクワットをやることで予防ができます。

ひざの外側、内側、皿上下など、部分的な痛みの原因と対策についても紹介しているので、ひざ痛の悩みを抱えている方に役立ちそうです。

『ランナーズ』2019年2月号

『ランニングマガジン クリール』2019年2月号

前号に引き続き、とても充実した内容でした。

まず、特集の「上り坂&下り坂攻略法」は、マラソン大会では避けられないアップダウンの攻略の方法についてわかりやすく解説しています。

上り坂は「ケーブルカーのように」、下り坂は「空き缶が転がるように」走るのが理想とのこと。

マラソンコーチの金哲彦さんの解説もあります。上り坂は、前傾の姿勢で、重心の真下より少し前に接地。下り坂は、ブレーキをかけずピッチを上げて、重心の真下に接地するのがコツらしいです。

『ランニングマガジン クリール』2019年2月号

僕は上り坂は得意なんですが、下り坂は苦手なんですよね。上のアドバイスを参考に、練習してみようと思います。

最新版 補給食大図鑑」では、日本で発売されているジェル&補給食を紹介。

大きく分類すると、エネルギー補給、サプリ補給、ミネラル補給の3種類あることを知りました。ちなみに、僕が愛用している「ザバス ピットインゼリーバー」はエネルギー補給型。

また、フルマラソンで補給食を摂るタイミングをサブ3、サブ4、サブ5以上ごとに紹介しているので、今後のレースに役立ちそうです。

どれか一冊だけ買うなら?

一冊だけ買うとしたら、2019年2月号は『ランニングマガジン クリール』をおすすめします。日々の練習やレース本番で役立つ情報が盛りだくさんです。

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧