読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

世界最強のスポーツドリンク、モルテン(MAURTEN)がブランドのロゴを撤廃!?

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

世界最強のスポーツドリンク、モルテン(Maurten)をご存知でしょうか?エリウド・キプチョゲやモハメド・ファラーなど、世界の超一流マラソン選手が勝負レースで飲んでいるスポーツドリンクです。

キプチョゲの世界新記録を支えたドリンク

キプチョゲが「ベルリンマラソン2018」で世界新記録を更新した時に飲んでいたのが、このモルテンドリンクです。

今や世界のトップマラソン選手はみんなモルテンドリンクを飲んでいる、と言っても過言ではないほどの人気ぶりを見せています。

その秘密は、ハイドロゲル(hydrogel)という独自の技術にあります。胃の中でジェル状に固まるため、高濃度の炭水化物を摂取することができ、エネルギー変換効率が極めて高いドリンクとなっています。

モルテンは、スウェーデンのヨテボリに本社を置く、Maurten ABというスタートアップ企業が開発・販売を手がけています。日本でも昨年からネット通販や一部の店舗で取り扱いが開始しています。

>Amazonでも買えます。

僕もハーフマラソン以上の勝負レースでは、必ずモルテンドリンクを飲んでいます。詳しいレビューをまとめているので合わせてご覧ください。

モルテンドリンク Maruten Drink Mix 320【徹底レビュー】キプチョゲ御用達スポーツドリンク

人気すぎるが故の問題点

多くのトップマラソン選手に支持されているモルテンドリンクですが、ひとつだけ問題点がありました。

エリウド・キプチョゲを始め、世界の頂点を目指す選手の多くは、すでに他の企業とスポンサーシップ契約を結んでいます。特にトップ選手になればなるほど、企業は広告塔の選手を囲いたいがために、独占的な契約を選びます。

スポンサー側からすると、契約している選手が他のブランドを手にするのはNGなのですが、モルテンドリンクを愛用している選手は、レース中に「MAURTEN」のロゴ入りのドリンクを飲まざるを得ない。

その問題点を解消するために、モルテンはロゴを無くした「無印」パッケージの販売を開始しました。

無印のモルテンドリンク

ロゴなしのモルテンドリンクの公式サイト内の特設ショップで販売されています。その名は、モルテン非公式ショップ(MAURTEN Unofficial Shop)
https://www.maurten.com/unofficial

モルテンドリンクの代名詞である「Drink Mix 320」と廉価版の「Drink Mix 160」、そして去年から発売開始したエナジージェルの「GEL 100」がロゴなしのパーケージで販売されていますね。

また、ロゴにモザイクがかかっている風なオリジナルボトルも販売中です。ここまで来ると、なんだかジョークみたいですね!

気になる価格は、通常のロゴ入りと同じ価格です。

現時点では、米国とEUでのみ販売しています。

さいごに

モルテンドリンクのように圧倒的に支持されるブランドは、ロゴなんてあってもなくても構わないのでしょうね。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run