要らなくなった完走メダルは「Medals4Mettle」へ寄付しよう

皆さんはマラソン大会で貰ったメダルをどこに保管していますか?ぼくはリボンを外した状態で、引き出しの中にしまっています。棚に飾っておくと埃まみれになりますからね。

これまでメダルは、飾る、しまう、捨てる、の3択しかないと思っていましたが、寄付するという4つ目の選択肢があることを最近知りました。

アメリカの非営利団体「Medals4Mettle」が世界各地からメダルの寄付を受け付けています。

Medals4Mettle とは?

直訳すると、Medal(メダル)for Mettle(勇気)。病気と闘う子供たちの「勇気」を称えるために贈る「メダル」という意味です。

Medals4Mettle (M4M) は、マラソン、ハーフマラソン、トライアスロンのメダルの贈与を仲介する非営利組織です。まずはメダルをMedals4Mettleに寄付してください。Medals4Mettleのスタッフがリボンを付け替え、不治の病と闘う子供たちにプレゼントします。子供たちはマラソン大会には出場できませんが、人生というレースを走りつづけています。その勇気と根性を称えるために、Medals4Mettleはメダルを贈り続けます。(引用元より拙訳)

受け付けているのはマラソン、ハーフマラソン、トライアスロンのメダルのみ。メダルを贈るほうも、ある程度の「試練」を乗り越える必要があるということですね。

メダルの他にも、お金を寄付する、あるいはボランティアとして活動に貢献することができます。

Medals4Mettle のしくみ

まずは、寄付フォームに必要な情報を入力します。

任意ですが「メダルにまつわるストーリー」の記入を求められます。メダルを贈呈する子供に伝えてくれるそうです。

フォームを送信したら、メダルをMedal4Mettleへ元払いで送ります。その際、メダルについているリボンを外します。Medal4Mettleのスタッフが専用のリボンに付け替えてくれます。

送付先リストから、最寄りの送付先を探します。日本(大阪)にも送付先がありました。日本語サイトも見つけましたが、あまり更新されていないようです。

皆さんもマラソン大会のメダルを持て余していたら、寄付してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする