どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

「最近トレーニング中に力尽きちゃうんだよね…」と悩むアスリートにおすすめなのが、明治のヴァーム(VAAM)顆粒タイプ。運動前にサクッと飲めて、脂肪燃焼によるスタミナアップが期待できます。

実は最近、《ベルリンマラソン》に向けてハードなトレーニングを続けていたら、ランニングの途中でスタミナ切れが起こるようになりました。

そこで手に取ったのがヴァーム(VAAM)。ドリンクやゼリー、パウダータイプもありますが、水なしで飲める顆粒タイプを選びました。

さらに、ヴァームには通常版の「ヴァーム」とプレミアム版の「スーパーヴァーム」の2種類あります。どっちがいいの?と迷った挙句、両方買って飲み比べてみることにしました。

こちらが今回、Amazonで購入した「ヴァーム」と「スーバーヴァーム」です!

明治 ヴァーム顆粒 グレープフルーツ味 4g×14袋

明治 スーパーヴァーム顆粒 パイナップル味 4g×10袋

それでは「ヴァーム」と「スーパーヴァーム」を詳しく見ていきましょう。

ヴァーム(VAAM)を飲む理由

ヴァームは、運動時のスタミナアップを目指したいアスリートにおすすめです。

その秘密はヴァーム(VAAM)の名前の由来にあります。

VAAMは、Vespa Amino Acid Mixtureの略語。1日に100kmもの距離を飛び回るスズメバチ(Vespa)の脂肪代謝に関係する、17種類のアミノ酸素材(Amino Acid)を科学的に混合(Mixture)したもの。

わかりやすく言うと、VAAMは体脂肪の代謝を高める成分ですね。

「ヴァーム」と「スーパーヴァーム」には、その VAAMが3000mgも配合されているんです。

トップアスリートも愛用しており、マラソンの大迫傑選手もヴァームを飲んでいます。


飲みやすい顆粒タイプ

「ヴァーム」と「スーパーヴァーム」にはそれぞれ、ドリンク、ゼリー、パウダー、顆粒の4つのタイプがあります。

下の表に VAAMの含有量と価格(メーカー希望、税抜)をまとめました。

VAAMの含有量

ヴァーム スーパーヴァーム
ドリンク 3000g 3000g
ゼリー 1800g 3000g
パウダー 3000g 3000g
顆粒 3000g 3000g

1本あたりの価格

ヴァーム スーパーヴァーム
ドリンク 200円 296円
ゼリー 200円 296円
パウダー 144円 192円
顆粒 165円 230円

価格重視ならパウダータイプ

上の表を見てもわかるとおり、VAAM1gあたりの単価が最も安いのは「ヴァーム」のパウダータイプです。

飲みやすさ重視なら顆粒タイプ

パウダータイプのデメリットは、水なしでは飲めないこと。顆粒タイプなら、パウダータイプよりも少し割高ですが、ドリンクやゼリーよりも割安で、水なしでそのまま飲むことができます。

「ヴァーム」と「スーパーヴァーム」の違い

個人的に、ここが一番気になりました。

味が違う

分かりやすいところだと、味が違います。「ヴァーム」はグレープフルーツ味、「スーパーヴァーム」はパイナップル味。個人的にはグレープフルーツ味が好きです。

でも、肝心の栄養成分はどうなんでしょうか?

栄養成分の比較

顆粒タイプの栄養成分を「ヴァーム」と「スーパーヴァーム」で比較して見ましょう。

こちらが「ヴァーム」。

そしてこちらが「スーパーヴァーム」。

表にまとめました。

ヴァーム スーパーヴァーム
脂質 0g 0.05g
エネルギー 16kcal 16kcal
炭水化物 1.0g 0.8g
タンパク質 3.0g 3.1g
食塩相当 0.002g 0.002g
アミノ酸 3000g 3000g
L-カルニチン 200g
コエンザイムQ10 30mg

違いは「L-カルニチン」と「コエンザイムQ10」

上の表を見てもわかるとおり「スーパーヴァーム」には、VAAM3000mgに加えて、L-カルニチンとコエンザイムQ10が配合されています。

公式サイトにも次のような説明がありました。

「スーパーヴァーム」とこれまでの「ヴァーム」との違いは何ですか?
「スーパーヴァーム」は、独自バランスの17種類のアミノ酸素材「V.A.A.M.」3000mgに加え、L-カルニチン、コエンザイムQ10を配合しました。記録への挑戦や試合での勝利など、より高いパフォーマンスを求める方におすすめの、VAAMシリーズの最強版です。

L-カルニチンとコエンザイムQ10の効用

成分の違いということはわかりましたが、L-カルニチンとコエンザイムQ10にはどんな効用があるのか?という疑問が残ります。

そこで、明治のカスタマーサポートに電話で問い合わせた結果、次のように回答いただきました。

  • コエンザイムQ10 → エネルギーを作り出すために必要な成分
  • L-カルニチン → 脂質の代謝を助ける成分

「ヴァーム」と「スーパーヴァーム」の使い分け

使い分けとしては「ヴァーム」は普段の運動に、「スーパーヴァーム」はレースや高負荷トレーニングなど、より高いパフォーマンスを求める場合におすすめされています。

「ヴァーム」と「スーパーヴァーム」には同量の VAAM(3000mg)が配合されているので、「スーパーヴァーム」にどこまで価格に見合った効果があるのかはわかりません。VAAMの効果だけに期待するなら、割安の「ヴァーム」でも十分だと思います。

ただ、個人的には「スーパーヴァーム」にはプラセボ効果(プラシーボ効果)もあると思います。普通よりちょっと良い、高価な「スーパーヴァーム」を飲めば、いつも以上の結果が出せる気がする、みたいな感じです。

初めての方は、まず「ヴァーム」を飲んでみてください。

明治 ヴァーム顆粒 グレープフルーツ味 4g×14袋

「ヴァーム」が気に入れば、「スーパーヴァーム」と飲み比べてみることをおすすめします。

明治 スーパーヴァーム顆粒 パイナップル味 4g×10袋

個人的には、「ヴァーム」は練習前に、「スーパーヴァーム」は本番(レース)前に飲もうと思います。

この記事を読んで走りたくなったら

燃えよ体脂肪!「ヴァーム」は練習前、「スーパーヴァーム」は本番前に飲むべし」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!