2017年03月走行レポート:走行距離は近年最低96キロ。。でも4月から頑張るぞ!

今日は2回目のプレミアムフライデー。前回は夜遅くまで残業してプレミアム感はゼロでしたが、今回は16時過ぎに退社しました。

一旦自宅に戻ってから、子供たちを迎えに保育園へ。来月から小学生1年生になる上の子は、今日が最後の登園日です。大好きな先生や友達に「さよなら」を言えず、涙をこらえていました。

そして今日で3月も終わりです。ストラバで月間走行実績を確認したら、走行距離があまりにも少ないので泣きたくなりました(泣)。

2017年3月の走行実績

  • 走行距離:96キロ
  • 走行回数:12回
  • 走行時間:8時間
  • レース出場:なし

月間走行距離はここ数年の最低記録を更新してしまいました。。仕事が忙しかったとはいえ、ロンドン出張中は早朝や週末に走っていましたし、年始から始めた週1の通勤ランも地道に続けています。一方で週末はというと、短いジョギングで済ませたり、土日のどちらかを休んだりと、かなりサボり気味でした。

ここ数週間、週末は特に元気がなかったですね。。季節の変わり目だからか、仕事で疲れていたのか、原因はわかりませんが、半日ベッドでゴロゴロしている日もありました。この時期は毎年、バイオリズムが低調なんですよね。

3月は仕事で忙しくなることがわかっていたので、あえてレースの予定は組んでいませんでした。しかし毎年同じ時期にバイオリズムが低調なのであれば、年間の走行プランを立てるときに役立てた方がいいと思いました。

2017年3月のベストラン

ロンドン滞在中に「ロンドン世界陸上2017」のマラソンコースを試走したのですが、この時のランが最も印象に残っています。

人もまばらな土曜日の朝、タワーブリッジから金融街シティを抜け、国会議事堂に向かってテムズ川沿いを軽くジョギング。途中、ロンドン塔やセントポール大聖堂、ギルドホール(市庁舎)など、ロンドンの名所を観光しながら走れる贅沢なコースでした。

関連記事:【ロンドン世界陸上2017】試走したマラソンコースは、究極の観光ルートだった

しかし残念ながら、3月22日はロンドンの国会議事堂付近でテロがありました。国会議事堂のあるウェストミンスター地区は、ロンドンの人気観光スポットであると同時に、英国政治の中枢部でもあります。そして今年8月に開催される「ロンドン世界陸上2017」では、マラソンコースの折り返し地点となるので、テロリストの格好の的になってしまったのでしょう。

関連記事:ロンドン屈指の観光スポットでテロ。MI5がテロ脅威レベルを「高」に

2017年3月のワーストラン

昨日の通勤ランは、最後まで走りきれず、途中で棄権してしまいました。原因は腹痛。練習日誌にこんなコメントを残しています。

病み上がりから2日目。サブ3.5ペースを維持して走る。8キロあたりでお腹が痛くなり、南浦和でトイレへ。そのまま電車で帰宅。トイレは日中に済ませておくべきだった。

貴重な練習日に思いどおりのランができないと、練習になりませんからね。毎回最高の状態で走れるように準備するのも練習のうち。レース同様、トイレは走る前にちゃんと済ませておき、前日・当日はお腹が安定する食事を心がけないと。

関連記事:レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について

2017年3月に新調したギア

アシックス「ダイナフライト」の2足目を購入しました。しかもデザインにひと目惚れして特別仕様の「ストックホルムマラソン」バージョンを買ってしまいました!まだ数回しか履いていませんが、期待を裏切らないフィット感、クッション性、そして軽さに満足しています。

今回は通常の製品ラインナップにはないカラバリが欲しくて、わざわざ7000円ものプレミアムを支払ったわけですが、後悔はしていません。ランニングシューズは機能面だけじゃなくて、見た目やデザインも大事です。自分のお気に入りの服を着ると気持ちよく過ごせるように、自分のお気に入りのシューズを履くとウキウキした気分で走れます。

来月は新しい「ダイナフライト」で気分をアゲて、練習に励みたいと思います。

関連記事:ダイナフライトに「マラソンコレクション」追加。北欧デザインに惹かれて思わずポチった

2017年4月の目標

明日からは、新年度が始まります。気持ちを切り替えて、週3ペースの練習を維持し、試験的に週4ペースを試してみようと思います。通勤ランが意外といい感じで続けられているので、週末に2回、平日に2回走るのが理想ですね。

そして4月は「本庄早稲田の杜ハーフマラソン」(4月9日)と「前橋・渋川シティマラソン」(4月23日)に参加する予定です。

それからランニングの後のマッサージケアにも力を入れたいですね。マッサージで疲労回復が早まる → 練習にもっと集中できる → 走力が上がる、の良いサイクルが生み出せればと思います。

関連記事:自己ベスト更新を狙うなら、ランニング後の「マッサージ」は欠かさずに

この記事をシェアする