2017年04月走行レポート:仕事が忙しい時こそ「通勤ラン」の効果が実感できる

4月の走行実績は以下のとおり。

  • 走行距離:112キロ
  • 走行回数:12回
  • 走行時間:9時間
  • レース出場:なし

月間走行距離は先月に比べ16キロ増えたものの、相変わらず低空飛行が続きます。4月の前半は急性副鼻腔炎になり思うように走れず、後半は仕事がピークを迎え走る気力が失せてしまいました。

そして、残念ながら「本庄早稲田の杜ハーフマラソン」と「前橋・渋川シティマラソン」は2大会とも欠場してしまいました。「前橋・渋川シティマラソン」のほうは、前泊用のビジネスホテルも予約していたのですが、数年ぶりの徹夜勤務の末、週末も会議参加が必須となり、泣く泣く断念しました。マラソンを走りながら電話会議に出ようかと真剣に考えたんですけけどね。。

そんな状況でしたが、通勤ランを淡々と続けていたので、月間走行距離は過去最低を更新せずに済みました。やはりルーチン化すると気分に左右されずに走れるのでいいですね。4月の最終週は火曜日と木曜日の週2回走りました。

通勤ランはいつも赤羽駅〜北浦和駅を走るのですが、最終週に赤羽駅東口で「赤羽馬鹿祭り」という看板を見かけました。

気になって調べてみたら、結構歴史のあるお祭りなんですね。来場者数も40万人と少なくありません。「馬鹿」はエイプリルフールの「Fool」のことらしいです。

赤羽馬鹿祭り(あかばねばかまつり)は、東京都北区赤羽で毎年4月に行われるお祭りです。1956年に地元の商店主達が4月のエイプリルフールにちなんで開催したのが始まりで、初期は参加商店主が何かに扮装していました。お祭りの名称が一度「大赤羽祭」となりましたが、平成24年より初回開催時と同様の「赤羽馬鹿祭り」に変更し、原点回帰を図り第57回赤羽馬鹿祭りは参加者や見物客も含め2日間で延べ40万人が来場しました。(引用元

2017年4月のベストラン

4月は平日の通勤ランと週末のジョギングの繰り返しでしたが、一度だけ旅ランに出かけ、中山道を走って旅する「ナカ旅」を再開することができました。

関連記事:【ナカ旅】縁起だるま発祥の地!高崎「少林寺達磨寺」で階段トレーニング

大宮〜高崎は新幹線で移動し、高崎宿→板鼻宿→安中宿の10キロ区間だけを走ります。途中、高崎城跡や少林寺達磨寺に寄り道をしましたが、自宅を出てからほぼ半日で帰宅しました。忙しくて走る時間がない!といっても工夫をすれば何とかなるものですね。

2017年4月のワーストラン

自宅近くに「世界一の桜並木」があるのですが、そこでのお花見ランが今月のワーストランです。

関連記事:世界一の桜並木!「見沼代用水」の散歩道でお花見ラン

この時すでに風邪をこじらせており、無理して走りに行ったのが運の尽きでした。翌週に症状が悪化し、急性副鼻腔炎と診断されました。ちょうどお花見の最後の週末だったので、あと1週間も待てなかったのです。。風邪の時は無理して走らない、という教訓を学びました。

2017年5月の目標

5月はレースの予定はありません。GW休暇中にガッツリ走り込みをして、平日は通勤ラン週2回をルーチン化します。6月4日に「黒部名水マラソン2017」に出場するので、5月中旬がトレーニングのピークになります。

この記事をシェアする