2017年11月走行レポート:アキレス腱の痛みを克服

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

2017年11月の走行距離は55キロ。10月末に左足のアキレス腱を痛めてしまい、思うように練習ができなかった1ヶ月でした。

アキレス腱の故障と「さいたま国際マラソン」欠場

アキレス腱の痛みが治らず、楽しみにしていた「さいたま国際マラソン」を泣く泣く欠場。

最初に痛みを感じたのは10月末。今思えば、ろくなウォームアップをせずに10キロのタイムトライアル(42分)を走ったのがマズかったですね。その時は左足に違和感を感じる程度でしたが、それ以降の練習で痛みが悪化しました。

2〜3日休むと痛みがおさまる → 「これは治ったかも!」と喜んで走ってみる → 痛みが再発、の繰り返しです。思い切って1週間休めばいいのですが、レース前はどうしても焦ってしまうんですよね。

関連走るとアキレス腱がピリっと痛いっ!レース欠場の経緯と心境について

小1の娘と「親子ラン」デビュー

今年は「さいたま国際マラソン」のフルマラソンの部は欠場してしまいましたが、前日に開催された親子ランの部に長女と一緒に参加し、親子ランデビューを果たしました。小学1年生になった娘にとってもマラソン大会デビューです。

関連【さいたま国際マラソン】娘と一緒に人生初の「親子ラン」デビュー!

親子ランって手を繋いで走るイメージがありませんか?でも片手がふさがった状態で走るのは結構難しいことがわかったので、ゴールの時だけ手をつなぐようにしました。

東日本実業団対抗駅伝競走

11月は地元さいたま市で大きなスポーツイベントが3つも開催されました。

  • 11月3日(祝)彩の国実業団駅伝(東日本実業団対抗駅伝競走)
  • 11月4日(土)ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム
  • 11月12月(日)さいたま国際マラソン

関連駅伝、クリテウム、マラソン。11月は埼玉でスポーツイベントが目白押し!

11月3日は朝ラン中に駅伝のトップ集団と遭遇。


ランニングフォーム・食生活を見直す

これまで筋力トレーニングやストレッチは思いついた時にやっていた程度でしたが、アキレス腱を痛めたことをきっかけに見直すことにしました。

11月はランニングをお休みした代わりに、スクワット →片足立ち →腕立て伏せ →ストレッチ →お風呂での揉みほぐし、を実施。

スクワットは毎朝、朝食を作りながら20回を2本こなしていました。たかだか40本とはいえ、毎日続けていれば効果は出てきます。月末に参加した「小江戸川越ハーフマラソン」では、自分でも驚くほど身体の「軸」が安定しました。

筋力トレーニングはもっと積極的に取り入れていきたいと思います。

関連【書評】原晋監督の新著『1日10分走る青トレ』はランニングが続かない人におすすめ

同時に、練習・レース後のケアも重視していきたいです。最近は激しい運動の後はプロテインを摂るようにしています。

関連ランナー必見!9300円の「アミノバイタル」を実質2000円で手に入れる方法

「小江戸川越ハーフ」でカムバック

ランニングの完全休養と筋力トレーニングが功をなし、11月26日(日)の「小江戸川越ハーフマラソン」を無事に完走することが出来ました。江戸の蔵造りの街並みを見ながら走るのは気持ちがよかったですよ。11月末のレース選びに迷ったら「小江戸川越ハーフマラソン」をおすすめします。首都圏からのアクセスが良いのもGood。

関連【小江戸川越ハーフマラソン】エントリー・コース攻略に役立つ体験談まとめ

B!

同じカテゴリの記事

2017年10月走行レポート:雨ニモマケズ、台風ニモマケズ、淡々と走る日々

2017年09月走行レポート:レースが練習がわり

練習日誌」の記事一覧へ ▶︎