朝と夜、いつ走るのがベストか?僕が「夜ラン」に向いている理由

>

マラソンブロガーのともです。

自分が「朝ラン」と「夜ラン」のどちらに向いているかを見極めるには、両方試してみるのがベスト。僕の場合、夜のほうがランニングに集中しやすいため、仕事がある平日は夜ランに落ち着いています。

この記事では、僕が朝ランと夜ランのどちらに向いているかを検証します。

朝と夜、いつ走るのがベストか?

結論から言うと、自分に向いている方を選ぶのがベストです。

僕の周りのランナーを見ていると、朝ランに向いている人の特徴は以下のとおり。

  • 早起きが苦ではない
  • 早朝に時間を確保しやすい
  • 早朝のほうが集中しやすい
  • やるべきタスクは朝に済ませておきたい

一方で、夜ランに向いている人の特徴は以下のとおり。

  • 早起きが苦手
  • 夜のほうが時間を確保しやすい
  • 夜のほうが集中しやすい
  • やるべきタスクは最後まで手をつけない

僕はどちらかというと後者で、夜ランに向いています。

朝ランにチャレンジ

とはいえ、僕自身、昔から朝ランに憧れてきました。早起きして、やるべきことを済ませる人はスマートに見えますし、心に余裕を持って1日が過ごせそうです。

平日だと、朝、仕事へ行く前に走っておけば、帰宅してからのんびり過ごすことができます。

そう思いながら、過去に朝ランにチャレンジしたことがあります。

でも、結局長続きせず…。

そして、1年ぶりに再度、朝ランにチャレンジしてみました。5時半に家を出て、近所の周辺を1時間ほどジョギング。出勤前にとても有意義な時間を過ごすことができて、ハッピーな気分になりました!

でも、結局長続きしませんでした…。

でも結局、夜ランに落ち着く

というわけで、僕は夜ランに向いています。まず、早起きが苦手なのと、仕事柄、早朝の会議が入ることが多いです。

また、それ以上に重要なのが、夜のほうが集中しやすいことが挙げられます。

僕の場合、マラソンで自己ベストを更新するためにランニングをしているので、練習に集中することが求められます。ただ「ボーッ」と走っていただけでは、パフォーマンスの向上に繋がらないですからね。

皆さんも、朝ランと夜ラン、両方試してみることをおすすめします。すると、自分がどちらに向いているか分かると思います。

まとめ

以上、僕が朝ランと夜ランのどちらに向いているかを検証しました。

自分が「朝ラン」と「夜ラン」のどちらに向いているかを見極めるには、両方試してみるのがベスト。僕の場合、夜のほうがランニングに集中しやすいため、仕事がある平日は夜ランに落ち着いています。