さいたま緑の散歩みち「駒場運動公園ルート」を走ってきた

今日の朝ラン

今朝は自宅近くの「緑道」を走ってきました。緑道とは、都市部にある歩行路または自転車路を主体とした緑地帯。都市に住みながら、身近に自然を感じられる空間です。皆さんが住んでいる街にも、ひとつやふたつはあるんじゃないでしょうか。

さいたま緑の散歩みち

ぼくが住んでいる埼玉県さいたま市にも緑道がたくさんあります。さいたま市が作った「さいたま緑の散歩みち」では、緑道をつなぎ合わせて10の散歩みちが紹介されています。

今朝走ってきたのは、「駒場運動公園ルート」と呼ばれる2キロ弱の散歩みち。JR北浦和駅と駒場運動公園を結ぶルートで、「元町緑道」と「天王川コミュニティ緑道」を走ります。

「駒場運動公園ルート」を走ってみた

まずは北浦和駅近くにある「元町緑道」の入口へ。閑静な住宅街に突如現れる緑道。

Jリーグ浦和レッズのマスコットキャラクター「レディア」がお出迎え。駒場スタジアムがある駒場運動公園まで1970メートル。

道幅はかなり狭く、2人で並んでギリギリ走れる程度。自転車同士ですれ違うのはちょっと難しいでしょうね。

「元町緑道」を出て、「天王川コミュニティ緑道」に入ります。こちらは道幅が広くていいですね。

100メートルごとに距離表示もあるので便利です。道幅が広いのでスピードランが出来そうですが、所どころに横断歩道があるので、ちょっと危険ですね。

緑道をいつものランニングコースに

都市部に住んでいると、ちょっと軽く走りたい時に走る場所がなくて困ります。近くに大きな公園や川などがあればいいのですが、なければ道路を走るしかないですからね。

そんな時は、自宅の近くに緑道がないか調べてみましょう。意外と自分が知らないだけで、「え?こんな所にあったの?」と発見があったりします。ランニングコースのレパートリーも増えるはず。

関連記事:1周60キロ!ロンドンの巨大緑道構想「ジュビリー緑道」を走る

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について