走りながら芸術鑑賞。「さいたまトリエンナーレ」の「さいたまビジネスマン」

今日の朝ラン

9月24日(土)から12月11日(日)にかけて、さいたまトリエンナーレ 2016が開催されます。トリエンナーレとは、イタリア語で「3年に1度」という意味。広義では、3年に1度開催される国際美術展覧会を指します。

さいたまトリエンナーレ 2016 は、さいたま市誕生15周年を記念し、国内外で先進的な活動を展開するアーティストが、さいたま市民と交流するイベント、というコンセプトらしいです。

自宅からそれほど遠くないところに、面白そうなアート作品が置いてあるそうなので、日曜日の朝ランがてら行ってきました。

さいたまトリエンナーレの開催会場

主に以下のエリアで開催されています。

  1. 与野本町駅~大宮駅周辺
  2. 武蔵浦和駅~中浦和駅周辺
  3. 岩槻駅周辺

美術館や施設内の展示だと、走りながら見ることができなので、屋外展示がメインの武蔵浦和駅~中浦和駅周辺を散策することにします。

屋外展示のアート

まず最初に訪れたのは、JR浦和駅から徒歩20分の別所沼公園。浦和周辺の住民の憩いの場であり、週末は早朝からウォーキングやランニングを楽しむ人たちで賑わいます。ぼくも月イチくらいで走りに来ています。

公園の真ん中には大きな池があるのですが、普段は見かけない船のオブジェを見つけました。鮮やかな色をしているので、ものすごく目立ちます。

別所沼公園からJR武蔵浦和駅までは「花と緑の散歩道」と呼ばれる、長さ1,100メートルの緑道が続きます。

 緑道は、両側に桜並木。途中、何度か道路を横断しますが、ほとんどクルマ通りがないので、ほぼノンストップで走り続けられます。所どころにトリエンナーレの看板を目にします。アニメっぽい女の子は、公式イメージキャラクターのさいたマムアンちゃん。

引き続き、武蔵浦和駅に向かって走ります。

JR埼京線が見えてくると、西南さくら公園の芝生に何やら怪しげなオブジェが…。

作品名『さいたまビジネスマン』。作者は、ラトビア生まれのアイガルス・ビクシェです。

たぶん「さいたまトリエンナーレ 2016」の一番の目玉でしょうね。なんでも横たわるお釈迦さまをイメージして作ったとか。近くに寄ってみると、黒色のスーツには、蜘蛛や蝉などの昆虫がビッシリと付着しています。ぼくみたいに昆虫が嫌いな人には、結構気持ち悪いかも。

でも、一度見たら二度と忘れないほどのインパクトがありました。道行く人たちも、ほぼ全員が立ち止まって写真を撮っていきました。

そしてこちらは、緑道に置かれた『STATION TO STATION』。駅から駅へ、つまり武蔵浦和駅から中浦和駅へ、という意味ですね。作者はスイス生まれのダニエル・グェティン

緑道の端まで来ると、もう武蔵浦和駅です。高架下の柱も『STATION TO STATION』の一部なんですね。せっかくなので「交差点注意」と錆びれた排水溝を外せばいいのに…。まあ、管轄が違うので、そう簡単にはいかないんでしょうね。

12月11日(日)まで開催していますので、浦和近辺に来ることがあれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

関連記事:大宮に飛行船出没?「さいたまトリエンナーレ」のエアドーム

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について