【書評】前に進む力 by 両角速

>

マラソンブロガーのともです。

東海大学陸上競技部駅伝の両角監督が、ランナーとして成長するための秘訣を伝授。それは「生活習慣を改める」というシンプルなもの。大迫 傑選手も、佐久長聖高校時代に両角監督の指導を受けています。

この記事では、両角 速さんの著書『前に進む力―Keep Going』を紹介します。

読みどころ

長距離陸上で一流を目指したいのであれば、生活習慣から改めなければいけないと、両角監督は言います。

陸上競技の長距離種目というのは、日々の生活がパフォーマンスに大きく影響する。どれほど結びついているか。それはもう100%と言っていい。

たくさん寝て、しっかり食べて、たくさん走る。これをひたすらストイックに続ける。そういったメンタル(精神)の強さが、一流のランナーに求められます。

ストイックに練習をこなす姿勢は、両角監督の教え子である大迫 傑選手の練習スタイルに通じるものがあります。マラソン男子の日本記録を持つ大迫 傑選手も、両角監督の教え子のひとり。両角監督が佐久長聖高校駅伝部で指導していた時の選手でした。

もうひとつ、大迫選手が両角監督から影響を受けてるのは、「脚づくり」を意識した練習を心がけること。

脚を痛めてしまうのは、基本的にトレーニングに耐え得る脚ができていないということに尽きる。重要なのは、時間や余裕が合ったら少しでも距離を踏んで脚づくりをすることだ。そうすれば防げる故障はもっとある。

大迫選手も自著の中で、この距離を踏む大切さを説いています。

まとめ

以上、両角 速さんの著書『前に進む力―Keep Going』を紹介しました。

東海大学陸上競技部駅伝の両角監督が、ランナーとして成長するための秘訣を伝授。それは「生活習慣を改める」というシンプルなもの。大迫 傑選手も、佐久長聖高校時代に両角監督の指導を受けています。