フルマラソン完走者が世界で一番多い国は「日本」だって知ってた?

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

年間でフルマラソン完走者が最も多い国って、日本なんですね。知らなかった。

引用元:How Has The Marathon Changed Over Time?

2015年、日本はアメリカを抑えてフルマラソン完走者数で世界一位に躍り出た。2005年の約10倍の579,795人が完走。日本では完走者の5人に4人が男性。アメリカでは女性より30%多いだけなので、圧倒的に男性のスポーツだ。(拙訳)

2015年のフルマラソン完走者数(国別)

なんと、日本がアメリカを抑えて1位。マラソン王国ニッポン!!日本の総人口の約0.5%が1年間にフルマラソンを完走している計算です。中国、台湾もトップ10入りしています。これからはアジアでフルマラソンがもっと流行るかも。

1966年のフルマラソン完走者数(国別)

全体的に少ないですね。日本全国で170人。当時は一部のエリート選手しかフルマラソンに参加しなかったからでしょうか。 

チェコスロバキアが3位にランクインしているのは意外。チェコスロバキアといえば、1952年のヘルシンキオリンピックで男子フルマラソン、10000メートル、5000メートルで三冠を達成した「人間機関車」エミール・ザトペックの出身地です。ザトペック人気の影響でしょうか。1968年の「プラハの春」の前ですしね。

B!

同じカテゴリの記事

埼玉の奥地で見つけた”進化系”日帰り温泉「おふろ cafe 白寿の湯」

ロボットの走行能力はここまで進化していた!ボクト・イッショニ・ハシロウヨ

未分類」の記事一覧へ ▶︎