記録はいずれ破られるがメダルは永遠に残る by 映画『栄光のランナー』より

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

1936年のベルリンオリンピックをテーマにした、映画『栄光のランナー』(原作名『RACE』)を観てきました。

スポーツの競技人口が白人で占められていた時代、しかもヒトラーが「アーリア民族の優秀性と自分自身の権力を世界中に見せつける絶好の機会」と位置づけたベルリンオリンピックで、黒人選手のジェシー・オーエンスが世界に挑むという設定。

原題の「RACE」が、競技のraceと人種のraceを巧みに掛け合わせているところに映画の奥深さを感じました。

『栄光のランナー』のあらすじ。

貧しい家庭に生まれながらも中学時代から陸上選手として類いまれな才能を発揮していたジェシー・オーエンス。(…)オリンピックを目指して日々練習に励むオーエンスだったが、当時のアメリカ国内では、ナチスに反対してオリンピックのボイコットを訴える世論が高まっていた。さらに、ナチスの人種差別政策は黒人であるオーエンスにとっては認めがたいものであり、それを理由にオリンピックに出場しないでほしいというアメリカ黒人地位向上委員会からの申し出があるなど、オリンピックに向け彼は大いに苦悩することになる。(公式サイトより)

『栄光のランナー』の見どころメモ

  • 本来人種差別とは無縁であるはずのオリンピックで、人種差別が浮き彫りとなる。ひと言で人種差別といっても、アメリカによる黒人差別、ナチスドイツによるユダヤ人差別、アメリカ人によるドイツ人差別が複雑に入り混じっている。
  • ベルリンオリンピックに集まった観衆は、黒人選手がドイツ人選手に勝つはずがない、勝ってはいけないと考えている。しかし「速さ」は正義であり、黒人選手がより速く走り、より遠くへ跳ぶという事象は、事実として受け入れざるを得ない。というか、人は速く走る人を見ると、無条件に敬意を抱かざるを得ない。
  • オーウェンスがオリンピックに出場しなければ「アーリア人」がメダルを獲りやすくなる。それこそヒトラーの思うつぼ。一方、出場すればアーリア人種主義を肯定することになるし、優勝できなければ「黒人はダメ」ということを自ら証明することになる。出場してもしなくても、オーウェンスは苦しい立場に置かれている。
  • オーウェンスは、アメリカ国内でもベルリンでも人種差別から逃れられない。唯一、走っている時だけ人種差別の苦しみから解放される。だからこそオーウェンスは走りつづけ、「白も黒もない、早いか遅いかの問題だ」と言い切る。
  • オーウェンスをベルリンオリンピックに駆り立てるため、コーチのラリー・スナイダーが言い放った殺し文句が秀逸!「記録はいずれ破られるが、メダルは永遠に残る」。たしかに、世界記録保持者の栄誉はいずれなくなるが、〇〇オリンピック△△メダリストの栄誉は永遠に残る。
  • ゲッベルス宣伝省大臣とベルリンオリンピックの映像記録担当レニ・リーフェンシュタールの対立が面白い。ゲッベルスはアーリア民族の優秀性をフォーカスしたドキュメンタリーづくりを強要するが、リーフェンシュタールは事実を事実として記録する姿勢を貫く。

もうひとりのオーウェンス

オーウェンスの走る姿を見て、孫基禎のことを思い浮かべました。

映画『栄光のランナー』では一切触れられていませんが、ベルリンオリンピックでは孫基禎という選手が男子マラソンで優勝しています(しかもアジア人選手として初めて金メダル獲得)。公式には日本代表ということになりますが、正確にいうと日本統治時代の朝鮮出身の日本代表です。

孫基禎は晩年、日韓友好の懸け橋として活動しますが、現役時代は「日本代表」であることに強い葛藤と後悔を持っていたと言われています。そういう意味では、孫基禎もrace(競技)を通じてrace(人種)を強く意識させられた「栄光のランナー」ですね。

関連記事:マラソンは、島国で世界に触れる機会である by 『マラソンと日本人』

B!

同じカテゴリの記事

トレランシューズを買いに行く時間がないので、Amazonで注文&自宅で試し履きしてみた

埼玉が世界に誇る「ぎょうざの満州」。おすすめは水餃子

未分類」の記事一覧へ ▶︎