読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

マラソンは「7の倍数」を意識すると楽しくなる!

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

僕はフルマラソンの距離を42kmではなく、7kmを6本として考えるようにしています。ハーフマラソンの距離は7kmを3本。

科学的な根拠はありませんが、走行距離を「7の倍数」で考えると、気持ちが楽になりますし、レースプランが立てやすくなります。

フルマラソンの場合

フルマラソンの距離は、42.195km。これは、1908年のロンドン五輪のマラソン競技で定められた距離です。

42kmをどう攻略するかは、人それぞれだと思います。よくあるのが5km毎のスプリットに分ける方法。キリの良い数字ですし、ペース配分も掴みやすいのが特徴です。

ただ、僕には5kmを8本走っても完走できないのは耐えられません。逆に、10kmを4本に分ける方法もありますが、これだと1本が長すぎる。5kmも10kmも、足し上げていくと端数が出てしまうのも、僕の性格からして気持ち悪い。

そこで僕は、42kmを6つに分けて考えます。7kmなら、1回に走る距離としては長すぎず、短すぎずちょうど良い。3本走れば中間地点に到達します。もう3本走ればゴール。

また、フルマラソンは30kmからが勝負と言われますが、僕の場合、本当の勝負は35kmを過ぎてから。つまり、ラスト7km。最後の7kmなら、どんなに疲れていても気合いでなんとか走りきれます。

僕にとって「7の倍数」は、マラソンを走る上で都合の良い数字なんです。

ハーフマラソンの場合

ハーフマラソンを走る時も、同じように「7の倍数」を意識しています。

1本目は様子見。2本目から設定ペースで巡行。3本目からペースアップをしかける。そんなレース展開が僕の定番です。

三分割の良いところは、2本目を走り終えると、すでに2/3の距離を完走していること。残り半分だと「まだだな…」と思いますが、1/3なら「あともうひと踏ん張り」と思えます。

定番コースの距離も7km

日々の練習でも「7の倍数」を意識して走っています。

最も負荷の軽いジョギングでは、ちょうど7km走るようにしています。以下は、僕の近所の定番コース。

普段から7kmの距離に慣れておくことで、レースでも距離感が掴みやすくなります。例えばフルマラソンの35km地点では、「あとは、いつもの定番コースと同じ距離か」と考えます。距離感が掴めると、ペース配分も適切に行うことができます。

さいごに

これはあくまでも僕にとってベストな方法であり、すべてのランナーに当てはまるわけではありません。でも、5kmや10kmのスプリットがピンと来ない方は、「7の倍数」で試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎