読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

自分のアイデンティティ(自意識)としてのランニング

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

日曜日の夜、子どもたちを寝かしつけてテレビをつけたら、NHKスペシャルで「NBAプレーヤー 八村塁 ~“世界最高峰”への軌跡~」を放送していました。

NHKの特設サイトはこちら

番組を観て、ものすごく感動しました。

特に、八村塁さんが自分のアイデンティティに悩むところ。高校時代まで過ごした地元・富山では、肌の色の違う「アフリカ人」として見られ、大学時代に過ごしたアメリカでは「アジア人」として見られる。

自分は何者なのか?と問い続けてたどり着いたのは、日本人とアフリカ人のハーフでバスケットをやっている「ユニークでスペシャル」な自分。

バスケットと出会い、八村塁という人間が開花されていく様子が素晴らしいなと思いました。

僕も過去に、似たような経験をしたことがあります。

八村塁さんのようなスーパースターとは次元が違いますが、スポーツを通して、自分の確固たるアイデンティティを見出し、自分に自信が持てるようになりました。

僕は親の仕事の関係で、小学4年生から大学卒業までの12年間を海外で過ごしました。

母国を離れ、海外で生活するのは楽しい事ばかりではありません。特に思春期という多感な時期に、社会的マイノリティとして生きていく中で、精神的にとても辛い時期がありました。

そんな中で、自分を支えてくれたのがランニングです。ランニングのおかげで新しい環境にすぐに溶け込めたり、文化や言葉が違っても周囲に自分を認めてもらえたりしました。

それは今も変わらず、職場では仕事ぶりよりも「マラソンが好きな人」として知られています。ツイッターでは「マラソンブロガー」を名乗っています。

また、自分の性格や価値観、人生観なども、何となくですが、マラソンに共通するものがあると思います。

さいごに

小学生の頃から続けてきたランニングは、今や自分のアイデンティティとなりました。「継続は力なり」ですね!

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎