読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

軽井沢の超穴場な観光スポット「中山道69次資料館」

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

はじめにお断りしておくと、かなりマニアックな内容となっています。

  • 江戸時代の歴史が好き
  • 歩いて旅するのが好き
  • 走って旅する「旅ラン」が好き

に当てはまる方でないと興味がわかないかもしれません…。

中山道とは?

中山道、と聞いてピンと来る人はどれくらいいるのでしょうか?「そもそも読み方がわからないよ!」という人もいるかもしれません。

中山道は、「なかやまみち」ではなく「なかせんどう」と読みます。

中山道(なかせんどう)は、江戸時代の五街道の一つで、江戸の日本橋と京都の三条大橋を内陸経由で結ぶ街道である。「中仙道」、「仲仙道」とも表記するほか、「木曾街道」や「木曽路」の異称も有した。(ウィキペディアより)

東海道(とうかいどう)は聞いたことありますよね?太平洋沿岸を経由する東海道に対し、中山道は東京都・埼玉県・群馬県・長野県・岐阜県・滋賀県・京都府の内陸を経由するルートです。
中山道の69の宿場町(写真は鴻巣宿で撮影)

中山道の69の宿場町(写真は鴻巣宿で撮影)

当時は電車や車などありませんから、500km以上の距離を約15日かけて移動したと言われています。

中山道の道中には69もの宿場町があり、今でもその名残が残っています。例えば埼玉県の浦和は「浦和宿」、長野県の軽井沢は「軽井沢宿」として江戸時代から栄えていました。

近年、一部マニアの間では、こうした宿場町を歩いて旅をすることがささやかなブームとなっています。

「中山道を歩く」にテーマにした本も出版されています。

中山道69次を歩く – 岸本 豊(著)

中山道69次資料館

そんな中山道に関する資料を収集・展示した資料館が、軽井沢のはずれにあります。

中山道69次資料館
長野県北佐久郡軽井沢町追分120
公式サイト

軽井沢から国道18号を西へ進んでいくと「旧中山道」と書かれた看板を目にします。そのすぐ先に「中山道69次資料館」があります。
国道18号

国道18号

一見すると普通の一軒家のようですが、よく見ると入口に「中山道69次資料館」と書かれています。
中山道69次資料館

中山道69次資料館

開館時間は、10時~16時。火曜日と水曜日、そして冬期(12~3月)はお休みです。

入館料は、大人が500円、小中高生が200円です。

そもそもなぜ、ぼくが「中山道69次資料館」を訪れかのかと言うと、実はぼくも趣味で中山道を旅しているからです。
中山道69次資料館

中山道69次資料館

ぼくの場合は、歩きではなく、走るほうですけどね。暇を見つけては、江戸時代の飛脚のごとく中山道を走って旅しています。いわゆる「旅ラン」というやつです。

中山道を研究して15年

館内に入ると館長の岸本さんがわざわざ出てきて、中山道の概要について講義をして下さいました。

中山道69次資料館は、岸本さんが15年かけて収集・研究された資料を展示しています。中山道に対する強い愛を感じました。

館内の写真を撮って良いかと聞いたところ「どうぞご自由に〜」との一言。各宿場町ごとに展示スペースがあり、宿場町の資料や特産品などが展示されています。全部で69ものコーナーがあるので、すべてまわるのは結構大変です。
中山道69次資料館の館内の様子

中山道69次資料館の館内の様子

中山道浦和宿に関する資料

中山道浦和宿に関する資料

実は岸本さん、先ほど紹介した『中山道69次を歩く』の著者でもあるんです。他にも中山道に関する書籍を出版されています。館内でも販売していたので、記念に一冊購入させていただきました。そして、館長のサインまでいただきました!
『中山道69次を歩く』 のサイン本

『中山道69次を歩く』 のサイン本

中山道を疑似体験

中山道69次資料館の見どころは館内だけではありません。なんと中庭には、東京〜京都の旅が疑似体験できるコーナーがあります。

雰囲気が伝わるように、動画を撮影してきました。

この凄さは、中山道マニアじゃないと理解できないでしょうね。

例えば江戸・日本橋を出発して最初に通過する宿場町は「板橋」ですが、ちゃんとミニチュアの橋で再現してあるんです。
板橋宿

板橋宿

実際の「板橋」の写真はこちら。2年前に訪れた時の写真です。
板橋宿

板橋宿

ワンポイントアドバイス

以上、軽井沢のはずれにある「中山道69次資料館」を紹介しました。

軽井沢が外国人の別荘地として発展するのは明治以降。それ以前の軽井沢の歴史を知りたければ、ぜひ「中山道69次資料館」を訪れてみて下さい。国道18号沿いにあるので、車ならアクセスも悪くありません。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run