【ナカ旅】大宮宿から旧中山道「鴻巣・桶川・さいたま線」をゆく

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

東京から京都まで「中山道」を走って旅する企画、ナカ旅を続けています。

中山道(なかせんどう)は、東京の日本橋から京都の三条大橋を内陸経由で結ぶ街道。江戸時代の旅人や飛脚は、道中69ヶ所の「宿場」で休みながら、約550キロの道のりを移動していました。 

ナカ旅のルールは簡単。基本的には江戸の飛脚と同じで、道中の宿場をひとつずつクリアしながら旧中山道を自力で走って移動します。宿場は一度クリアすれば、電車で移動することも可能。主に休日を使って地道にクリアしていきます。

今回は、東京の日本橋から4番目の宿場である大宮(おおみや)宿を中心に、次の上尾(あげお)宿までの道中をレポートします。

コースの特徴

大宮から上尾までの距離は8.4キロ。県道164号(鴻巣桶川さいたま線)をひたすら直進します。いわゆる「旧中山道」と呼ばれるルートです。

道中レポート

さいたま新都心から大宮駅に近づくにつれ、旧中山道沿いの建物が高層化していきます。駅前の高島屋が見えてきました。もうすぐ大宮駅です。

大宮駅到着。さいたま新都心駅ができても、浦和駅がリニューアルしても、北の玄関口としての駅力は不動です。お盆休みの初日だから、人も多いですね。

駅前のドラッグストアでスポーツドリンクを買ってしばらく休憩。自販機で150円で売っているものが、薬局だと90円以下。「ナカ旅」ではドラッグストアを休憩所がわりに使っています(笑)。

駅前の商店街にも足を踏み入れてみました。金券ショップ、居酒屋、弁当屋が立ち並びます。ここ大宮は、大宮アルディージャFCのお膝元。レッズの赤から、アルディージャのオレンジへ様変わり。

大宮駅の喧騒を離れ、旧中山道を直進します。ちょうど目の前を宇都宮線が横切りました。宇都宮線(東北本線)のガード下を抜け、高崎線に沿って走り続けます。

JR宮原駅でちょっと寄り道。 

しばらく旧中山道を走り続けると、トトロの森のような一帯に差し掛かります。あふれんばかりの樹木が、道路にはみ出しています。何なのか気になる。

道路を横断して中へ入ってみると、加茂神社と書いてありました。

案内板によると、京都の世界遺産、上賀茂神社を勧請したと言い伝えられています。江戸時代の古文書には、

加茂社、加茂宮村の鎮守にして、社辺に古杉数株あり、土地のさま旧社とみゆれど勧請の年代詳かならず。

と書かれていたそうです。江戸時代ですら「古杉」ということは、ここの杉は相当な年代物ですな。「ナカ旅」の安全祈願をしてきました。

再び旧中山道に戻り、上尾を目指します。それにしても県道の名前が長すぎる。。鴻巣・桶川・さいたま線って。。

大宮〜上尾の「気になるスポット」

最後に、ぼくが大宮〜上尾の区間を走っていて、え!?何これ!?と感じた「気になるスポット」を紹介します。それがこちらの一枚。

JA共済埼玉ビルの前に立つ時計台(?)が、なんともレトロな感じで気になりました。鐘の下に小さな鐘がいっぱいぶら下がってますが、こちらは時間になると鳴るのでしょうか?

まとめ

東京から京都まで「中山道」を走って旅する企画、ナカ旅。今回は日本橋から4番目の宿場があった大宮宿から、次の上尾宿までの道中の様子を紹介しました。

前の宿場町:【ナカ旅】中山道浦和宿を走っていたら、行商のおばちゃんに遭遇した

次の宿場町:

B!

同じカテゴリの記事

【ナカ旅】中山道の寂れた宿場町から世界有数のリゾート地「KARUIZAWA」へ

【ナカ旅】碓氷峠を越えて長野県へ突入!県境の「熊野神社」で安全祈願

ナカ旅」の記事一覧へ ▶︎