【ナカ旅】中山道上尾宿で見かけた、踊るバレリーナたち

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

東京から京都まで「中山道」を走って旅する企画、ナカ旅を続けています。

中山道(なかせんどう)は、東京の日本橋から京都の三条大橋を内陸経由で結ぶ街道。江戸時代の旅人や飛脚は、道中69ヶ所の「宿場」で休みながら、約550キロの道のりを移動していました。 

ナカ旅のルールは簡単。基本的には江戸の飛脚と同じで、道中の宿場をひとつずつクリアしながら旧中山道を自力で走って移動します。宿場は一度クリアすれば、電車で移動することも可能。主に休日を使って地道にクリアしていきます。

今回は、東京の日本橋から5番目の宿場である上尾(あげお)宿を中心に、次の桶川(おけがわ)宿までの道中をレポートします。

コースの特徴

上尾から桶川までの距離は3.7キロ。前回の大宮〜上尾と同様に、県道164号(鴻巣・桶川・さいたま線)を走ります。いわゆる「旧中山道」と呼ばれるルートです。

道中レポート

旧中山道を走っていると、所どころに「中山道」と書かれた標識を見かけるんですが、「中山道」なのか「旧中山道」なのか、紛らわしいですね。。ぼくが走っているのは、旧街道のルートに沿った旧中山道。現代の中山道はもうちょっと東側にあります

さて、JR上尾駅の手前に何やらこじんまりとした神社を見つけました。上尾宿の鎮守、氷川鍬(くわ)神社です。

安全祈願のお参りをして、境内をぶらぶらしました。かつてここには、村人たちが資材と労力を提供して作った聚正義塾(しゅうせいぎじゅく)と呼ばれる塾があったそうです。

開講日には、昌平黌の都講(とこう)(塾頭)で文人として高名な市河寛斎(いちかわかんさい)も招かれている。引用元

昌平黌、つまり東京の湯島聖堂から講師が招かれていたんですね。湯島聖堂は「ナカ旅」第1回目の日本橋〜板橋宿で通りました。湯島聖堂と聚正義塾は、中山道で繋がっていたのですね。

上尾駅周辺は高層マンションが多いですね。上尾から新宿までは、湘南新宿ラインで約40分。ドア・ツー・駅が近ければ、首都圏の平均的な通勤時間内には収まるので、都内勤務でも住んでいる人が多いみたいですね。

上尾駅からしばらく走り続けると、大きな交差点で「中山道 上尾宿」の標石を発見。

その隣に「上尾宿の歴史」なる案内板があったので、青信号になるまで読んでみました。

上尾宿は、日本橋から九里十六町のところにあり、中山道の五番目の宿場であります。上尾という地名については、歴史的な根拠を持つものはありませんが、鴨川と芝川の間の小高い地形からつけられたといわれています。 

うーん、、結局「上尾」の地名の由来はわかりませんでした。。

中山道を走り続けます。途中、文楽という酒造を発見。建物のデザインといい、周囲の竹とのコントラストといい、あまりにも美しかったので思わず写真を撮りました。明治27年創業の老舗酒造です。

上尾〜桶川の「気になるスポット」

最後に、ぼくが上尾〜桶川の区間を走っていて、え!?何これ!?と感じた「気になるスポット」を紹介します。それがこちらの一枚。

今回紹介するのは、上尾駅前にあったバレリーナの銅像。3人のバレリーナがそれぞれ得意のポーズを決めています。バレリーナの銅像って、初めて見ました。

まとめ

東京から京都まで「中山道」を走って旅する企画、ナカ旅。今回は日本橋から5番目の宿場があった上尾宿から、次の桶川宿までの道中の様子を紹介しました。

前の宿場町:【ナカ旅】大宮宿から旧中山道「鴻巣・桶川・さいたま線」をゆく

次の宿場町:

B!

同じカテゴリの記事

【ナカ旅】中山道の寂れた宿場町から世界有数のリゾート地「KARUIZAWA」へ

【ナカ旅】碓氷峠を越えて長野県へ突入!県境の「熊野神社」で安全祈願

ナカ旅」の記事一覧へ ▶︎