【ナカ旅】中山道深谷宿近くで見つけた「バスラーメン」営業時間は17:00~気分次第

ナカ旅

東京から京都まで「中山道」を走って旅する企画、ナカ旅を続けています。

中山道(なかせんどう)は、東京の日本橋から京都の三条大橋を内陸経由で結ぶ街道。江戸時代の旅人や飛脚は、道中69ヶ所の「宿場」で休みながら、約550キロの道のりを移動していました。 

ナカ旅のルールは簡単。基本的には江戸の飛脚と同じで、道中の宿場をひとつずつクリアしながら旧中山道を自力で走って移動します。宿場は一度クリアすれば、電車で移動することも可能。主に休日を使って地道にクリアしていきます。

今回は、東京の日本橋から9番目の宿場である深谷(ふかや)宿を中心に、次の本庄(ほんじょう)宿までの道中をレポートします。

コースの特徴

熊谷から深谷までの距離は11.1キロ。深谷からは県道47号(深谷東松山線)から国道17号(中山道)に合流し、途中から分岐して小山川の対岸を走ります。いわゆる「旧中山道」と呼ばれるルートです。

道中レポート

深谷といえば深谷ネギが有名ですが、若い世代には深谷市公式キャラクター(ゆるキャラ)の「ふっかちゃん」のほうがピンとくるかもしれません。深谷市内を走っていると、看板やポスターなど、ありとあらゆるものに「ふっかちゃん」を目にします。

JR深谷駅は見どころのひとつですね。煉瓦造りの駅舎は「ミニ東京駅」とも呼ばれています。

深谷と煉瓦(レンガ)の結びつきは古く、日本で最初の煉瓦工場が深谷にありました。

かつて深谷には、明治20年(1887)に設立された煉瓦製造会社の煉瓦工場がありました。この会社は、日本近代化のために明治政府の要請をうけた渋沢栄一らが設立した、日本で最初の煉瓦工場です。(…)良質な深谷の煉瓦は、明治時代から大正時代にかけて、東京駅や赤坂離宮など、多くの近代建築に用いられました。

 (深谷駅前案内板より)

深谷は「日本資本主義の父」とも呼ばれる渋沢栄一の生まれ故郷でもあります。駅前の青淵公園には渋沢さんの銅像が建っていました。

少し中山道から脱線しますが、深谷城址公園に足を伸ばしてきました。深谷市民文化会館が隣接する大きな公園です。

深谷周辺にはいろいろ面白そうなスポットがありそうなので、今度家族を連れてじっくり観光したいですね。それにしても、渋沢栄一の生家は、血洗島という地にあるんですね。非常に生々しい地名です。。

さて、中山道に戻って深谷宿を出発します。

煉瓦の煙突なんて、いまどき珍しいですね。深谷の街にはこうしたどこか懐かしい風景が残っています。

こちらは清酒「菊泉」でお馴染みの滝沢酒造株式会社の建物。昔ながらの製法で作るにお酒が特徴です。

途中から国道17号線に合流。道幅が広くて歩道も整備されているので、とても走りやすかったです。東京の日本橋から80キロ。次の本庄宿まであと8キロです。

住宅街の中へ入っていきます。所々に「中山道」の標識があるので、道に迷わずにすみました。

小山川へ向かう坂の途中、百庚申を見かけました。こちらは幕末に建立されたものです。

こちらも手作り感あふれる道案内を発見!地元の方たちの心遣いに感謝です。

住宅街を抜けて、小山川を目指します。

滝岡橋を渡ります。こちらの橋は、何気に国の登録有形文化財なんです。以下は案内板より。

この滝岡橋は小山川を渡る旧中山道に設けられた名橋で、長さ147メートル、幅員7メートルの銅製八連橋で、昭和30年に竣工、花崗岩を用いた親柱の窓には、かつて灯りがともり、人々を夕涼みに誘い生活の潤いとなっていた。

道中は古い建物をよく見かけます。ちゃんとリフォームすれば、歴史的価値が増しそうですが、誰も住んでいないのか、かなり荒れた感じです。

本庄市の市街地に入り、長い緩やかな上り坂をゼーゼーハーハーしながら走ります。

深谷〜本庄の「気になるスポット」

最後に、ぼくが深谷〜本庄の区間を走っていて、え!?何これ!?と感じた「気になるスポット」を紹介します。それがこちらの一枚。

国道17号線から右に逸れて、旧中山道の細道に入ろうとすると、真っ赤なバスを発見!廃車したバスをラーメン屋として再利用している「バスラーメン」です。

「営業時間は17時半~気分次第 日よう休み」と書いてあるけど、本当に営業しているのかな。。

まとめ

東京から京都まで「中山道」を走って旅する企画、ナカ旅。今回は日本橋から9番目の宿場があった深谷宿から、次の本庄宿までの道中の様子を紹介しました。今度は平日に来てバスラーメンを食べてみたいな。

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について