【ナカ旅】中山道倉賀野宿で見つけた「バテレン懸賞金」の高札場が衝撃的だった。。

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

東京から京都まで「中山道」を走って旅する企画、ナカ旅を続けています。

中山道(なかせんどう)は、東京の日本橋から京都の三条大橋を内陸経由で結ぶ街道。江戸時代の旅人や飛脚は、道中69ヶ所の「宿場」で休みながら、約550キロの道のりを移動していました。 

ナカ旅のルールは簡単。基本的には江戸の飛脚と同じで、道中の宿場をひとつずつクリアしながら旧中山道を自力で走って移動します。宿場は一度クリアすれば、電車で移動することも可能。主に休日を使って地道にクリアしていきます。

今回は、東京の日本橋から12番目の宿場である倉賀野(くらがの)宿を中心に、次の高崎(たかさき)宿までの道中をレポートします。

コースの特徴

倉賀野宿から高崎宿までの距離は4.9キロ。主に県道121号(和田多中倉賀野線)を走り、県道12号(前橋高崎線)と県道134号(新田下後閑線)を経て高崎を目指します。

道中レポート

ゆるやかな坂を上りながら、倉賀野の市街地へ入ります。

旧中山道沿いにある「倉賀野古商家おもてなし館」。こちらは古商家の家を高崎市が譲り受け、無料の休憩所として開放しているそうです。少し休んで行きたかったのですが、時間が押しているので先に進むことにします。

かつて倉賀野宿の本陣があった辺りに、高札場を見つけました。現地の案内板によると、この辺りには幕府の禁令や高崎藩のお触れなどの高札が十数枚掲げられていました。

倉賀野宿を後にして、本日のゴールである高崎宿に向かって走りつづけます。次に足止めしたのは「安楽寺」というところ。なんでもお寺のなかに高崎市指定史跡があるのだとか。

お寺の門をくぐり、左奥へ入っていくと、将棋の駒のような形をした石を見つけました。これらは「異形板碑」と呼ばれ、通常の板碑は薄い石の板に文字が書かれているのに対し、異形板碑は相当な厚みがあるのが特徴です。

また、通常の板碑は緑泥片岩で造られることが多いのですが、異形板碑は、群馬県で採れる牛伏砂岩で出来ています。

なお、寺の裏には安楽寺古墳と呼ばれる円墳があり、石室内部の壁画には仏像が彫られているそうです。

さらに走りつづけると「一里塚跡」の案内板を発見。かつてここには、日本橋から25番目の一里塚がありましたが、明治の道路改修により取り壊されてしまいました。

それにしても、一里(約4キロ)× 25 ということは、日本橋から走り始めて100キロになるんですね!

さて高崎宿に近づくと、もうひとつの古墳が見えてきました。その名は「浅間山古墳」。古墳と言っても、特に調査はされておらず、管理もされていない感じでした。

高崎市の市街地に入ると「上武大学 箱根駅伝出場!」のデカデカとした看板を見かけました。2017年の箱根駅伝で9年連続の出場となります。

今回は、丸一日かけて深谷宿(埼玉県深谷市)から高崎宿(群馬県高崎市)まで約30キロの道のりを走り切りました。

走った後は、お楽しみの温泉です。高崎駅西口から徒歩20分ほどの「さくらの湯」へ向かいました。キャッチコピーは「街中で唯一の源泉かけ流し、高崎市最古の天然温泉」。泉質はヌルッとしていて気持ちよかったです。これで550円ですから、かなり良心的だと思いますよ。

関連記事:LSDトレーニング×旅ランは相性抜群!長く楽しく走る方法

サッパリした後は、JR高崎駅へ戻り、JR高崎線で大宮へ向かいました。今年の「ナカ旅」はこれでおしまい。来年の春から再開したいと思います。

倉賀野〜高崎の「気になるスポット」

最後に、ぼくが倉賀野〜高崎の区間を走っていて、え!?何これ!?と感じた「気になるスポット」を紹介します。それがこちらの一枚。

先ほど紹介した倉賀野宿の高札場に掲げてあった掲示板なんですが、近づいて読んでみると、、、江戸時代のキリスト教禁止令に基づき、キリスト教徒を見つたら懸賞金がもらえるという内容です。今読むとかなり衝撃的です。ちなみに、ばてれん(伴天連)は司教、いるまん(伊留満)は司教に仕える者で、いずれもキリスト教宣教師を指します。

江戸時代のキリスト教禁止令は歴史の教科書で学びましたが、(レプリカですが)こういう史跡を訪れると、禁止令の生々しさが実感できます。

まとめ

東京から京都まで「中山道」を走って旅する企画、ナカ旅。今回は日本橋から12番目の宿場があった倉賀野宿から、次の高崎宿までの道中の様子を紹介しました。

B!

同じカテゴリの記事

【ナカ旅】中山道の寂れた宿場町から世界有数のリゾート地「KARUIZAWA」へ

【ナカ旅】碓氷峠を越えて長野県へ突入!県境の「熊野神社」で安全祈願

ナカ旅」の記事一覧へ ▶︎