NESHEXST シューズ用洗濯ネット レビュー:洗濯機で洗えて干すのも簡単

ランニングシューズは洗濯機で洗えるが、そのまま入れると傷になるし、干すのも面倒臭い。そこでおすすめなのが「シューズ洗い洗濯ネット」。洗濯ネットの内側にシューズを保護するためのクッションが付いており、洗濯した後はそのまま物干し竿に吊るしておくだけでOK。

NESHEXST シューズ用洗濯ネット

この記事の目次

洗濯機で洗えて干すのも簡単

ランニングシューズを洗濯機で洗うために、NESHEXSTの「シューズ洗い洗濯ネット」を購入した。靴専用の洗濯ネット。Amazonで見つけた時は、世の中にはこんなものがあるんだ。。と正直驚いた。

主な特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、洗濯ネットに入れたまま干せること。これまでは洗ったランニングシューズを玄関やバルコニーに立てかけて自然乾燥させるのが普通だった。しかし風通し良くないと乾燥に時間がかかるし、取り込むのを忘れて数日間放置してしまうこともあった。

シューズ洗い洗濯ネット」なら、洗濯機から取り出して、そのまま物干し竿にかけておくだけ。天気の良い日なら数時間で乾くし、洗濯物と一緒に取り込めば放置する心配もない。

ランニングシューズを洗濯機へ

早速「シューズ洗い洗濯ネット」を使ってランニングシューズを洗濯してみよう。

サイズは27cm×24cm×9cmです。シューズのサイズでいうと27cm以下を推奨しているが、僕が使っている25.5cmサイズでも結構ギリギリな感じがする。

ジッパーを開けると、真ん中が仕切られている。

左右にシューズを入れる。

ジッパーを閉じて準備完了。

洗濯ネットは二層になっており、間にクッション材が挟み込んである。このクッションがシューズを衝撃から守ってくれるというわけだ。


1回の洗濯で1足しか洗えないのは非効率なので、今回は「シューズ洗い洗濯ネット」を2個購入した。

準備が整ったら、洗濯機に入れて洗濯を開始。シューズだけだと洗濯中にガタガタと音がするので、足拭きマットなどを一緒にいれてあげると衝撃が和らぐ。

脱水はシューズを痛める原因になるので、なるべく短めに。

そのまま物干し竿へ

洗濯が終わったら、物干しに吊るしておく。2箇所に取っ手がついているので洗濯バサミで止めておくだけでOK。

あとは乾くのを待つだけ。気温35℃で風通しの良い場所だと、3時間ほどで完全に乾き切った。やはり風通しが良いと乾くのも早い。

NESHEXST シューズ用洗濯ネットの評価

ランニングシューズには目に見えない雑菌や臭いがこびりついているので、洗濯するだけサッパリする。とはいえ、シューズについた汚れもしっかり落としたいので、「シューズ洗い洗濯ネット」を使って選択する前と後のビフォー・アフターを見ていこう。

ナイキ フリー ラン 5.0

1足目は、ベアフットライクなランニングが楽しめるナイキの「フリー ラン 5.0」。購入してから一度も洗ったことがないので、全体的にくすんでいましたが、洗濯したらサッパリした。

▲ビフォー&▼アフター

特にフォアフット周りがきれいになった。真っ白とまではいかないが、比べてみると違いは一目瞭然だと思う。

▲ビフォー&▼アフター

ちなみに靴底の汚れはそんなに落ちていない。

▲ビフォー&▼アフター

サッカニー エンドルフィン プロ

2足目は、サッカニー初のカーボンファイバー入りシューズの「エンドルフィン プロ」。もともとそんなに汚れていないので、パッと見た感じでは違いが分からない。

▲ビフォー&▼アフター

汚れが気になっていた爪先の部分は、汚れが落ちていません。こういうところは事前にブラッシングが必要だ。

▲ビフォー&▼アフター

ヒール周りにもポツポツ汚れが目立っていたが、こちらは綺麗に落ちていた。

▲ビフォー&▼アフター

NESHEXST シューズ用洗濯ネット

あわせて読みたい