NEWS

ナイキが応戦?サブ2専用シューズ「ZOOM VAPORFLY ELITE」を発表

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

アディダスがサブ2専用シューズ「adizero Sub2」を発表した11日後、今度はナイキもサブ2に向けた「NIKE ZOOM VAPORFLY ELITE」を発表しました。

ナイキ公式サイト(英語)

ナイキは昨年12月に「Breadking2」と呼ばれるプロジェクトを立ち上げ、3人のトップアスリートを中心に、サブ2の壁を超える研究を行っています。一方、アディダスは「東京マラソン2017」で「adizero Sub2」をお披露目し、ナイキに挑戦状を突きつけた形になりました。

「Nike Zoom Vaporfly Elite」は厚底シューズ

公式サイトによると、ナイキの「Nike Zoom Vaporfly Elite」は最近のレーシングシューズのトレンドである軽量化・薄型化からのパラダイムシフトを目指していると言います。

従来のレーシングシューズは(高さを抑えた)フラットなデザインが主流ですが、「Nike Zoom Vaporfly Elite」は指先部分のソールの厚みが21mmもあります。ソールには、従来のものよりも軽くて柔らかく、そして反発力のある「Nike ZoomX」ミッドソールが使われており、無駄のない推進力と高いクッショニングの両立を実現しています。

あえて「厚底」のコンセプトを提示したわけですね。写真を見るとわかると思いますが、エリートランナーのレースシューズにしては確かに厚みがあります。しかし厚みがあっても、新開発の「Nike ZoomX」ミッドソールのおかげで重量が抑えられているといいます。

高反発・低負荷を実現

「Nike Zoom Vaporfly Elite」のソールには、Nike ZoomX」の他に一方向性のカーボンファイバーが使われており、シューズの硬度を高めています。要するに普通のレーシングシューズに比べて「Nike Zoom Vaporfly Elite」は硬いのです。

シューズは硬い方がランニングエコノミーが改善しますが、反面、足への負荷がふくらはぎまで到達するため、長く走り続けていると疲労が溜まります。我々は特殊なシューズ設計によって、この問題を解決しました。

「Nike Zoom Vaporfly Elite」のデザインでひときわ目を引くのが、かかと部分。9mmほど後ろに突き出ており、シューズ全体が台形の形をしています。いかにも安定感が高そうな印象を受けますよね。

このかかと部分は、アキレス腱をサポートすると同時に、カーボンファイバーを最適な状態に保つ重要な役割を担っているそうです。硬いけど疲れない、高反発だけど低負荷、無駄のない推進力と高いクッショニング。最新のテクノロジーを駆使して、これまで難しとされていた両立を「Nike Zoom Vaporfly Elite」は実現しています。

関連記事

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎

この記事のカテゴリ

NEWS

ランニングに関するニュースをお届けします。

NEWS の記事一覧へ  ▶︎

この記事のトピック

同じトピックの関連記事もご覧ください。

2分で出来る!ランニングシューズ選びに迷ったら「シューズ診断」|
世界6大マラソンで上位3位の選手、半数以上が「Nike Zoom Vaporfly 4%」を使用|
Nike vs Adidas「サブ2シューズ」頂上対決!アディゼロとヴェイパーフライのスペック比較|
SHOE DOG(シュードッグ)書評:ナイキ創業者が「勝利」にこだわり続けた理由|
ナイキ「BREAKING2」速報。キプチョゲが42.195キロを2時間00分25秒で完走!サブ2は未達|
アディダスのサブ2専用シューズ「adizero Sub2」が東京マラソンでお披露目|
ナイキがフルマラソン2時間切りに向け、プロジェクトチーム「Breaking2」を発足|