読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

雨でもスベらないランニングシューズ:おすすめは「Cloudventure WP」

▶︎ #解説・まとめ#雨ラン

オフロード仕様でしかも防水性・耐水性に優れたトレランシューズなら、雨の日でも滑らないし、内側が濡れずに快適に走れる。

On Cloudventure Waterproof

ともらんのイチオシはOnの「Cloudventure WP」。トレランシューズ・雨ラン用シューズしてガシガシ使えて、雨や雪の日のお出かけ・通勤でも重宝しまくり。

この記事の目次

雨の日は転倒しやすい

雨の日に屋外でランニングするなら、滑って転ばないように気をつけよう。アスファルトでスリップする可能性は低いが、以下は濡れると滑りやすくなる。

  • マンホール
  • 道路の白線
  • タイルなど滑らかな路面
  • 階段やスロープ

特に注意すべきは、表面が摩耗して凹凸のないマンホールの蓋。これが雨に濡れると、バナナの皮を踏んづけた時のようにコテンッと滑る。

以前、雨の日にママチャリに乗っていたら、マンホールで滑って転んでしまい、後ろに乗せていた娘は右腕を骨折してしまった。雨の日のマンホールは恐怖でしかない。

他にも、道路の白線はアスファルトに比べて凹凸が少なく、こちらも雨に濡れると滑りやすくなる。横断歩道を渡る最中に転倒するリスクはゼロではない。

トレランシューズなら安心

雨の日は思い切ってランオフするのも良い。それでも走りたいなら、トレイルランニング用のシューズ(トレランシューズ)を履いていくことをおすすめしたい。

オフロード仕様

トレランシューズは、山道・オフロードなどの悪路を安全に走るために設計されているため、濡れた路面、滑りやすい路面はお手のもの。

車に例えると、ロードランニングシューズが「2WDの普通車」だとしたら、トレランシューズは「4WDのオフロード車」だ。

万が一、ランニング中にマンホールや白線を踏んでしまっても、トレランシューズなら安定した走りをサポートしてくれる。

防水・耐水仕様

山道には水溜りや沼地があり、にわか雨も少なくない。そのような状況に対応するため、トレランシューズの多くは防水性・耐水性に優れたものが多い。

防水仕様のトレランシューズなら、雨に濡れにくく、水溜りの中を走っても問題ない。

おすすめはCloudventure WP

僕のおすすめは、Onの「Cloudventure WP」というモデル。「WP」は「Waterproof」の略語で「防水」を意味する。

靴底には「Mission Grip」と呼ばれる、特殊なグリップを備えているので、どんな悪路でも走りが安定する。

もう2年半以上愛用しているが、雨の日でも雪の日でも、一度も滑ったり、滑りかけたりしたことはない。しかも防水なので内側が濡れない。

距離・スピード重視の場合

トレランシューズも万能ではない。防水性や耐久性を高めるため、決して軽くはなく、履き心地もロードランニングシューズほど快適ではない。

雨の日に長距離を走ったり、スピード練習を行う場合は、トレランシューズだと厳しい。なので僕は、ロードランニングシューズの中でも滑りにくいモデルを選んで履くようにしている。

以前は、アシックスの「メタライド」が自分の中では最強の雨ランシューズだった。

最近は、同じアシックスの「メタレーサー」や「メタスピードスカイ」のアウターソールにに搭載されている「アシックスグリップ」が安定感が高くて気に入っている。

雨の日のレースで履くなら「メタスピードスカイ」を選ぶと思う。

でも最初に紹介した「Cloudventure WP」なら、普段履きとしても使えるので一石二鳥。防水仕様なので、雨の日のお出かけに長靴代わりに履いていける。

この記事で紹介したモノ

On Cloudventure Waterproof

ともらんのイチオシはOnの「Cloudventure WP」。トレランシューズ・雨ラン用シューズしてガシガシ使えて、雨や雪の日のお出かけ・通勤でも重宝しまくり。

関連記事

Cloudventure WP (2018)レビュー:サイズ26.0cm、重さ336g

METARACERレビュー:サイズ25.5cm、重さ191g

メタスピードスカイ レビュー:サイズ 26.0cm、重さ178g

雨の日こそ絶好のトレーニング日和。雨でも快適にランニングする工夫

#雨ラン

ピックアップ

Garmin防塵プラグ:充電ポートの水濡れ・サビを防ぐキャップ

東急スポーツオアシス リセットポール レビュー:絶妙な弾力性

ペガサス 38 レビュー:サイズ26.0cm、重さ265g

R1デイリー・ボトム レビュー:タイツより暖かく、フリースパンツより快適

スポーツバルム レビュー:冬マラソンにおすすめの防寒ジェル

瀬戸内しまなみ海道の走り方:全長80km、今治〜尾道の旅ラン全記録

最新記事

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画