どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

毎年7月に長野で開催される《小布施見にマラソン》に参加してきたので、実際に走ってみてわかったコースの特徴やスタート・ゴール会場の様子などをレポートにまとめました。

どんな人におすすめ?

真夏(7月)にハーフマラソンを走りたい人。早朝6時スタートなので「猛暑」というほどの暑さではありません。

コースで最も印象に残っている場所は?

16〜20kmの千曲川の土手コース。疲れているはずなのに、応援してくださった方たちから元気をもらいました。

コースで最も苦しかった場所は?

3〜5kmの上り坂。スタートから飛ばしていたランナーは、ここでガクッとペースダウンしていました。

《小布施見にマラソン》会場アクセス

《小布施見にマラソン》は午前6時スタート。

今回は長野県の下高井郡山ノ内町にある湯田中・渋温泉郷に前泊し、レース当日は、湯田中駅から小布施駅まで長野電鉄の「臨時列車」に乗って移動しました。


起きてから会場入りするまでのスケジュールはこんな感じです。

  • 3:15 起床
  • 3:30 朝食を食べる
  • 3:50 宿の車で湯田中駅へ移動
  • 4:17 臨時列車で湯田中駅を出発
  • 4:45 小布施駅に到着

宿から湯田中駅までの距離は2km弱。ウォームアップがわりに歩くつもりでしたが、宿の女将さんのご好意の湯田中駅まで車で送っていただきました。同乗者はぼくの他に2名。

湯田中駅に到着すると、臨時列車を待つランナーで長蛇の列ができていました。

臨時列車は小布施駅からは2本、長野駅から4本出ています。《小布施見にマラソン》のために走らせているので運賃は無料。

25分ほどで小布施駅に到着しました。まだ5時前だというのに、駅前の広場はランナーでごった返していました。

《小布施見にマラソン》スタート前

《小布施見にマラソン》のスタート会場は小布施駅前。駅前がスタート会場のマラソン大会は珍しいのですよね。

更衣室や荷物預け場所などは、駅徒歩1分の栗ガ丘小学校の施設に集約されています。

事前・前日受付

当日の参加者受付はありません。前日に受付するか、エントリー時に希望すればナンバーカード一式を事前に郵送してくれます。ぼくは事前受付を選びました。

荷物預け入れ

荷物はスタート会場のトラックに預け入れ、ゴール会場で受け取るスタイル。

更衣室・トイレ

更衣室は、栗ガ丘小学校の敷地内に設置されています。校庭には仮設トイレがずらりと並んでいて、待ち時間はそれほどでもありませんでした。小布施駅前にも仮設トイレがありました。

ナンバーカード

参加記念 Tシャツにナンバーカードを取り付けます。

《小布施見にマラソン》にはナンバーカードの他に、メッセージカードが背中に取り付けられます。ぼくは「走れることに、感謝」と、いつも思っていることをそのまま言葉にしました。

無料配布

カロリーメイトのジェルタイプとバナナを無料配布していました!

ウォームアップ

小布施は江戸時代の絵師、葛飾北斎ゆかりの地。ウォームアップを兼ねて「北斎館」へ行ってきました。

スタートライン

《小布施見にマラソン》は小布施駅前がスタート地点。完走タイム(申告制)によってブロックが割り当てられています。

ぼくは最前列のAブロック(1時間30分未満)。スタートラインまで数mのところです。


大会ゲストの金哲彦さんの話を聞き、最後に恒例の「ウェーブ」でスタートを一気に盛り上げます。


《小布施見にマラソン》レース本番

STRAVAのアクティビティデータはこちら

今回はタイムを気にせずにゆる〜く走る予定でしたが、スタート直後の調子が良かったので8〜9割の力で走りました。

完走タイムは1時間26分12秒(グロス)。自己ベストは1時間25分41秒(《熊谷さくらマラソン》)なので、この暑さでこのタイムは悪くありません。

コースの特徴

コースは小布施市内をぐるぐる周ります。

特徴としては、3〜5kmが上り坂、7〜9kmが下り坂、その他はほぼフラットなコースです。最初から飛ばしすぎると上り坂でガクッとペースダウンしてしまいます。

市街地を駆け抜けた後、16〜20kmは千曲川の土手の上を走ります。開放感があって気持ちよかったです。

レース前半

Aブロックからスタートできたのでスタート直後の混雑はなく、4分/kmのペースで走り出しました。

市街地を抜けると、田んぼの畦道に入ります(3kmあたり)。

その後も息が乱れないので「今日は意外といけるかも!」と思った途端、長い上り坂が始まりました。ここで4分20秒/kmまでペースダウンしてしまいました。周りのランナーもキツそうです。

7kmあたりから松川沿いの土手道に入ります。緩やかな下り坂が続くので、4分/kmまでペースを戻すことができました。

レース後半

途中、民家の路地を通り抜けます。生活感がありますね。

りんご畑の中も通ります。果実はまだ青々しい。

再び市街地に戻り、住宅街を駆け抜けます。ジグザグコースなので走りにくい。

16kmあたりで千曲川の土手道に出ます。

「熱中症予防」と書かれたのぼりを発見。気温は28度。まだ7時過ぎですからね。

シャワーブースもありました!

最後は小布施総合公園でフィニッシュです。

《小布施見にマラソン》ゴール後

完走タイムは1時間26分12秒(グロス)でした。まだちょっと余力があるので、全力を出せば自己ベストを更新できたかもしれません。

毎週日曜日の15時に炎天下で「暑ラン」を走ったことで暑さへの耐久性が上がったのだと思います。

毎回恒例の記念撮影!

本日の戦利品

完走記念タオルとミネラルウォーター。

記録証もすぐに発行してもらえました。

そしてお待ちかねのフード類。さすが果物の王国、長野だけあって、フルーツが食べ放題でした。

大好物のスイカを美味しくいただきました!

小布施駅へ

ゴール会場からはシャトルバス(無料)に乗って小布施駅に戻ります。

15分ほどで小布施駅に戻りました。

出発まで時間があったので、駅前の食堂でちょっと遅めの朝食をいただきました。煮干しラーメン、美味しかった!

行きの電車は無料でしたが、帰りは有料です。乗車時間は25分ほどなのに運賃は590円。高っつ!

レースシューズは「ウェーブエンペラー3」

《長野マラソン》《山中湖ロードレース》に引き続き、今回も MIZUNO Wave Emperor 3(ウェーブエンペラー3)にお世話になりました!


この記事を読んで走りたくなったら

《小布施見にマラソン》参加レポート」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!