【尾道駅徒歩圏内】ONOMICHI U2の「コインシャワー」と日帰り銭湯「栗原温泉」

2019.01.10 > 

2018年12月に「瀬戸内しまなみ海道」を旅してきました。
しまなみ海道は、愛媛県今治市から広島県尾道市を結ぶ全長約70kmの道路。美しい風景を見ながら自転車で通行できる自転車歩行者道は、「サイクリストの聖地」として知られています。
今回僕は、今治から尾道まで全長80kmの道のりをランニングで制覇しました。さすがに1日だけでは厳しいので、2泊3日のスケジュールで走りました。
旅の最後は、向島から「渡船」に乗り、対岸の尾道でゴール。


走り終えた後は、広島空港経由で埼玉の自宅に戻る予定でした。しかし、汗まみれのまま電車や飛行機に乗ったら周りに迷惑ですよね。
そこで、尾道駅から徒歩圏内の「コインシャワー」と「日帰り温泉」で汗を流してきました。温泉では疲労抜きに効く温冷交代浴もできて一石二鳥でした。
ランニングやサイクリングで旅を終えた後に、尾道駅近くで「さっぱりしたい!」という人は多いと思うので、記事にまとめておきます。

ONOMICHI U2の「コインシャワー」

まず紹介するのは「ONOMICHI U2」にあるコインシャワー。100円で気軽にシャワーが浴びられます。

ONOMICHI U2とは?

尾道駅南口から徒歩5分の所にある「ONOMICHI U2」は、自転車ごと宿泊可能なサイクリスト専用ホテルがある複合施設。カフェ・レストランやセレクトショップなども併設されています。
ONOMICHI U2
広島県尾道市西御所町5−11

施設の中は、とにかくハイセンスでおしゃれ!美味しい物もたくさんあるので、ついつい長居したくなります。地元の名産品も販売しているので、お土産選びには困りません。


コインシャワーの使い方

さて、肝心のコインシャワーは、「ONOMICHI U2」の外側、ちょうど公衆トイレの隣にあります。

中に入ると銭湯みたいに番頭さんがいるのかなと思いきや、男子シャワーの方は誰もいませんでした。要するに、セルフサービスということです。
ドアを閉めて、鍵をかけます。ちゃんと二重ロックになっているところが地味にすごい。

荷物置き場もありました。

こちらがコインシャワーのシャワー室。清潔に保たれていたのが印象に残っています。

コインシャワーは100円玉を入れて使います。100円で5分間、お湯が出続けます。お湯の温度調整も可能。コインシャワーの中には両替機はないので、100円玉を用意しておく必要があります。

100円玉を入れて「押」ボタンを押すと、勢いよくお湯が出てきました!水圧がかなりあるので気持ちよかったです。

利用時間は朝7時〜夜9時半

僕がコインシャワーを利用したときは、利用時間は7:00から21:30まででした。

ドライヤーがないので要注意!

一点だけ注意が必要なのは、ドライヤーがないこと。髪を濡らしてしまうと、タオルで乾かすしか術がないため、髪が濡れたまま外を歩くことになります。夏場ならいいですが、僕がシャワーを浴びたのは12月の真冬。髪を濡らす前に気づいたのでよかったです。

日帰り銭湯の「栗原温泉」

シャワーだけでな物足りない!とういう方のために、尾道駅から徒歩5分のところにある日帰り銭湯「栗原温泉」を紹介ます。
今回は飛行機の出発まで時間に余裕があったため、温泉にも浸かってきました。僕は長距離を走った後には、お風呂と水風呂に交互に浸かる「温冷交代浴」をやっています。これをやっておくと、翌日の疲れがグンと軽くなるんです。

栗原温泉への行き方

栗原温泉は、尾道駅の北口から行くと便利です。

このような住宅街のど真ん中にあります。

栗原温泉
広島県尾道市三軒家町4−19
公式フェイスブックページ

栗原温泉の営業時間と料金

営業時間は、15時から21時まで。20時で受付が終了します。
料金は、以下のとおり。


気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事