読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ORPHE TRACK オルフェ トラック【徹底レビュー】ランニングフォームを分析できるシューズ – PR

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

この度「no new folk studio」さんから、ランニングフォームを手軽に分析できるシューズ、ORPHE TRACK(オルフェ トラック)を無償で提供いただいたので紹介します。

自分のランニングフォームを知ることで、ランニングエコノミーを改善したり、ケガのリスクを軽減したりすることができます。

これまでに、アシックスミズノの本格的なランニングフォーム診断を利用したことはあります。しかし、いずれも計測機器のある場所に行く必要があり、計測する度にお金がかかります。

一方で、Garminのランニングウォッチに付属する「RDポッド」を使ってランニングフォームの分析を試みたこともあります。しかし、計測できるデータが限られ、精度も高くないため、具体的な改善につながるインサイトは得られませんでした。

ORPHE TRACKは、ランニングシューズひとつで、高度なランニングフォーム分析ができる画期的なツールです。

ORPHE TRACKとは?

ORPHE TRACK(オルフェ トラック)のコンセプトは、「ランナーを進化させるスマートフットウェア」。

センサーを内蔵した専用のランニングシューズとスマートフォンのアプリだけを使い、ランニングフォームを分析してくれるツールです。

ランナーの方なら、Apple WatchやGarminなどの「スマートウォッチ」を持っている人は多いはず。

スマートウォッチ(あるいはランニングウォッチ)を使えば、走行ペースや心拍数、VO2maxなどがわかります。さらに、専用センサーを使えば、接地時間や上下動比較なども分析できます。

スマートフットウェアは、スマートウォッチのシューズ版と考えるとわかりやすいです。

上の写真はORPHE TRACKのランニングシューズですが、ミッドソールの真ん中にセンサーが入ります。センサーとアプリをBluetoothで連携し、ランニングフォームのデータを計測する仕組みです。

このシューズを履いて走ると、スマートウォッチでは計測できない、着地法やプロネーション、着地衝撃力などが分析できるようになります。

ORPHE TRACKは、スマートフットウェア開発を手がけるスタートアップ企業の「no new folk studio」が開発・販売しています。

出来ること

僕は長年Garminのランニングウォッチを使っていますが、「RDポッド」という専用センサーをペアリングして使うと、ランニングフォームに関するデータが計測できます。

ただし、「RD Pod」は腰に装着するため、肝心の足に関するデータが計測できません。その点、ORPHE TRACKはランニングシューズにセンサーを内蔵しているので、より深いレベルでランニングフォームの分析ができます。

参考までに、ORPHE TRACKとGarminの「RD Pod」で計測できる項目をまとめました。

ORPHE TRACK Garmin RD Pod
ストライド
ピッチ
接地時間
着地法 ×
プロネーション ×
着地衝撃力 ×

Garminの場合、スライドやピッチ、接地時間は計測できますが、腰の動きから推測しています。一方で、ORPHE TRACKはランニングシューズから直に計測できるので、精度の点で優れていると言えます。

使い方

ここからは、ORPHE TRACKの使い方を簡単にご紹介します。

  1. ペアリングする
  2. ランニングするする
  3. 分析するする

1. ペアリングする

まずは、専用アプリをダウンロードして、スマートフォンとセンサーをペアリングします。以下は付属の取扱説明書より。

アプリに表示される指示に従えば、簡単にペアリングできます。

2. ランニングする

ペアリングが完了したら、センサーをランニングシューズに装着します。中敷(インソール)を外すと、ミッドソールの真ん中に空洞があります。そこにセンサーをカチッとはめ込みます。

左右別々なので、間違いないように。右に「R」を、左に「L」を入れます。

あとは、ランニングシューズを履いて走るだけ。

ペアリングした状態で、アプリを開き、「ランを記録」をタップします。「3・2・1」のカウントダウンと共に、センサーが振動します。

走行中はリアルタイムで接地やプロネーションなどがわかります。まあ、走りながら画面をしっかり見るのは難しいですけどね。

走り終わったら、「スライドで記録を終了」にてデータを保存します。

3. 分析する

センサーで計測したデータがアプリに転送されると、ランニングフォームの分析結果が確認できます。

ユーザーインターフェース(UI)が優れており、着地やプロネーションなどの変化が直感的に把握できます。グラフをスクロールすると、コース上のどこを走っていたのかがわかります。

ORPHE TRACKの分析性能については、データが蓄積できたら記事にまとめたいと思います。

シューズの性能

ORPHE TRACKはランニングフォームの分析を目的としたシューズですが、ランニングシューズとしての基本性能は、思っていたより悪くありませんでした。

センサーを内蔵するスペースが、ちょうど土踏まずのあたりに配置されているので、着地の際に沈み込む感覚は全くありません。

堅牢なカカト周りと分厚いアッパーのおかげで、足がしっかりと固定され、シューズの中でズレる心配はありません。

ちなみにサイズは、1cm刻みということで、今回は26.0cmを使用しました。普段は25.5cmを履いていますが、それでもしっかりとフィットしました。

さいごに

今回は、「no new folk studio」さんからORPHE TRACKを無償でご提供いただきました。

ORPHE TRACKは、自分のランニングフォームをより正確に、そして簡単に分析できるツールとして優れていると思います。次回は、データの分析性能について紹介します。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)。マラソンがライフワークの36歳。マラソンブロガー・外資系会社員・二児パパ。夢は福岡国際マラソンに出場すること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎