読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

【書評】駅伝・駒澤大はなぜ、あの声でスイッチが入るのか by 大八木弘明

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

箱根駅伝の強豪校・駒沢大を率いる、大八木弘明(おおやぎ ひろあき)監督の著書、『駅伝・駒澤大はなぜ、あの声でスイッチが入るのか』を読みました。

一言でいうと、愛情さえあれば厳しい言葉も相手に響くことがわかる一冊です。

共感した言葉

駅伝・駒澤大はなぜ、あの声でスイッチが入るのか』を読んで、僕が共感した言葉を3つご紹介します。

それは彼らが大学で終わるような選手ではないと思っていたからだ。あえて厳しい言葉をかけることのほうが多かったと思う。

厳しいというイメージが強い大八木監督。優秀な選手であればこそ、彼らを手放しで褒めることはないという。

厳しい言葉の裏には、選手に対する期待が込められているのですね。

山田先生のおかげで、私の人生は大きく舵を切ることができたのである。私が最もきつかったとき、最も悩んでいた時期に、就職を世話してくれた山田先生への感謝の気持ちは、一生忘れることはない。

本書で繰り返し語られるのは、人と人の「縁」の大切さ。特に高校時代の恩師、山田先生について回想する箇所は読んでいて感動しました。

人間、上手くいっている時に助けてくれる人はいても、苦しんでいる時に助けてくれる人は少ないもの。恩人と呼べるような人と出会えるのは幸せなことですよね。

働きながら学生生活を送るのは、想像していた以上に大変だった。時間がないとはこのこと。分刻みで動いていたといっても、決して大げさな表現ではなかった。

大八木監督自身は、勤労学生として市役所に勤めながら駒澤大学の夜間部で学び、箱根駅伝には向けて日々練習を重ねてきた苦労人。

仕事も勉強もランニングも妥協せず、1年時と3年時に箱根駅伝で区間賞に輝いている。こういう人に「男だろ!」と檄を飛ばされたら、素直に「はい!」と言ってしまいそう。

読みどころ

ただ厳しい言葉をいうだけだと、単なるガミガミ親父の説教ですが、相手に対する深い愛情があれば、受け取り方も変わります。

本書を読むと、厳しい言葉の裏に秘められた大八木監督の想いがひしひしと伝わってきます。

どちらかというと、駅伝の話よりも、大八木監督の半生を語る部分のほうが面白かったです。

さいごに

人は誰しも嫌われたくないので、厳しい言葉は言いたくないものです。でもそこに愛情があるなら、言葉をしっかり選んで伝えることも重要。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run