Houdini Pantsレビュー:最軽量ランニングパンツ

羽のように軽く、着心地感ゼロ。春秋のランニングはもちろん、アウトドアや部屋着、旅ランや帰宅ランなどで使えるランニング用ロングパンツが欲しい人は、パタゴニアの「Houdini Pants(フーディーニ・パンツ)」をぜひ検討すべき。

パタゴニア HOUDINI PANTS

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

85gの最軽量ランニングパンツ

僕は数年前からパタゴニアのトレイルランニングウェアを愛用している。パタゴニアの製品はどれも高価だが、耐久性に優れており、良いものを長く使えるのが気に入っている。

今回紹介する「Houdini Pants」の特徴は以下のとおり。

羽衣のように、軽い

パタゴニア最軽量のランニングパンツで、重さはわずか85g。僕が購入したSサイズの実測値は80gだった。

手のひらに収まる

ジッパー付きポケットが収納袋にもなる。ポケットをくるりと裏返してたためばコンパクトに収納できる。

30分で乾く

Houdini Pants」はお手入れも簡単。水に濡らして雑巾のようにギュッと絞るだけで大丈夫。

あとは外干しすれば、すぐに乾く。洗濯機で洗う必要ない。

ベッチョベチョだったのが、30分後にはサッラサラ。

シューズを履いたまま着脱可能

Houdini Pants」は超軽量なリップストップ・リサイクル・ナイロン100%素材を採用。生地がめちゃくちゃ薄いが耐久性は高い。ランニングやアウトドアでガシガシ使っても簡単には破れないので安心だ。

右側の腰あたりにジッパー付きポケットがひとつ。

ウエストは紐で調整できる。ちなみにメイド・イン・ベトナム。

裾の部分はボタン式で開閉できるので、シューズを履いたままでも着脱できるのが嬉しい。マラソン大会の前後に着用したりするのに便利だ。

Houdini Pantsの評価

ここからは実際に「Houdini Pants」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

サイズ感

身長170cm、体重60kgの僕の場合、Sサイズがちょうどぴったりだった。

着心地ゼロ

冒頭でも述べたように、とにかく着心地が素晴らしい。肌にベタつかず、脚全体が空気のクッションで包まれているような感覚。「履く」というよりも「羽織る」という言い方がしっくりくる。

いろいろ使いまわせる

以下5つの用途で使い分けている。ランニングパンツだけじゃないところが良い。

  • 春・秋のランニング
  • 夏の帰宅ラン
  • 部屋着として
  • 週末のアウトドアウェアとして
  • 旅ラン

耐久性が優れている

結構雑に使っているが、未だに穴ひとつ空いていません。ビニール袋のように薄く、カーボンのように強い。「リップストップ・ナイロン」の成せる技だ。

反射性ロゴが取れてしまう

反射材のロゴが付いているが「Patagonia」のアルファベットが1文字ずつ貼り付けてあるため、半年ぐらいするとポロポロと剥がれてくる。

収納が足りない

収納がジッパー付きポケットひとつだけはとても不便。ぼくはランニングのときにスマホと家のカギ(と帰宅ランの時は社員証)を持ってランニングに出かけるが、同じポケットに入れるとスマホが傷ついてしまう。小さいポケットでもいいので、別枠でもうひとつ付いているとよかった。

カサカサ音がする

生地が擦れると、カサカサ音がする。走っている間はずっとカサカサ音がするので、気になる人は嫌かも。

関連情報

パタゴニア HOUDINI PANTS