【レビュー】Patagonia Nanoair Light Hybrid Jacketは、真冬でも走りたいと思えるランニングシャツ

>

マラソンブロガーのともです。

この記事では、長袖ランニングシャツ「Nanoair Hybrid Jacket(ナノエア ライト ハイブリッド ジャケット)」を紹介します。

防寒性と伸縮性を両立し、これ一枚あれば氷点下でも快適に走れます。そのおかげで、どんなに寒い日でも「今日は走りたくないな…」と思うことがなくなりました。

真冬でも身軽にランニングを楽しみたい人におすすめです!

Nanoair Light Hybrid Jacketを選ぶ理由

今や日本でもメジャーブランドになりつつある、Patagonia(パタゴニア)。僕は数年前からパタゴニアのトレイルランニングウェアを愛用しています。

パタゴニアの製品はどれも高価ですが、耐久性に優れているので、良いものを長く使えるのが気に入っています。

今回紹介する「Nanoair Hybrid Jacket(ナノエア ライト ハイブリッド ジャケット)」の特徴は以下のとおり。

真冬でも走りたいと思える一着

誰でも寒いのは苦手ですよね。氷点下だったり、冷たい風が吹いていたりすると、「今日の練習はやめておこうかな…」と思うランナーは多いはず。

僕もそのひとりでしたが、この一着を手に入れてから変わりました。これを着用すれば、氷点下でも冷たい風が吹いていても、寒さを感じることがなくなりました。

部屋着・普段着にも使える

防寒性に優れ、着心地も快適。さらに、デザインもおしゃれなので、僕は部屋着としても着用しています。また、素材がしっかりしているので、普段着とし着ても違和感ありません。

外観とスペック

それでは、「Nanoair Hybrid Jacket(ナノエア ライト ハイブリッド ジャケット)」を詳しく見ていきましょう。

ジャケット前面には軽量シェル素材が使われており、前方から来る寒風から身を守ってくれます。

後面はワッフルニットと呼ばれる素材が使われ、薄手ながら保温能力に優れ、かつ通気性を発揮する優れてもの。

フロントジッパーはあごへのあたりが快適なジッパーガレージ付き。走っていて暑くなってきたら、ジッパーで温度調整も簡単にできます。

袖口には、手の甲をしっかりとカバーする親指用ループが装備されています。

着てみた感想

実際に「Nanoair Hybrid Jacket(ナノエア ライト ハイブリッド ジャケット)」を履いてみた感想を紹介します。

真冬でもこれ1枚で十分

カテゴリ的にはミッドレイヤーに分類されますが、ぼくはインナーなしで着用しました。これで氷点下でも寒さをまったく感じずに走れました。

やはり前面の軽量シェルの存在が大きいです。

上半身の動きがスムーズ

防寒対策でレイアリングすると、どうしてもウェアが上半身や腕の動きの妨げとなりますが、これ1枚だと上半身の動きがとても身軽に感じます。

ワッフルニットの耐久性は低い?

パタゴニアの製品は長期使用を目的としているため、基本的に丈夫で壊れることはありません。しかし、4カ月間ガシガシ使い込んだ結果、左下のワッフルニットの部分が破れてしまいました。ちょうどランニングパンツのポケットのジッパーに当たるため、長時間擦れて破れたのだと思います。

幸い、きちんと縫って元どおりになりました。

よくある質問

どこで購入できますか?

Patagoniaの店舗や公式サイトで購入できます。

サイズ感はどうですか?

身長170cm、体重60kgの僕の場合、「Sサイズ」がちょうど良いサイズでした。サイズが合わない場合は、返品・交換もできます。

まとめ

以上、冬用の長袖ランニングシャツ「Nanoair Hybrid Jacket(ナノエア ライト ハイブリッド ジャケット)」を紹介しました。

真冬でも身軽にランニングを楽しみたい人におすすめです!