【レビュー】Patagoniaの「ストーム・レーサー・ジャケット」の防水性能を雨ランで検証してみた

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

今日は台風18号の影響で朝から晩まで雨が降り続けています。昨日は練習をサボってしまったので、さすがに今日もサボるのはマズいと思い、Patagonia(パタゴニア)の防水アウターシェルを羽織って走りに出かけました。

アウトドア・ブランドとして有名なPatagoniaには防水アウターシェルのラインアップが豊富ですが、ぼくが相棒に選んだのは、「ストーム・レーサー・ジャケット」。実は雨の中を走るのは今回が初めてなので、気になる防水性能にフォーカスしながらレビューします。

防水アウターシェルって、実際のところ、どれくらい水を防いでくれるのでしょうか?

メリットは防水性と軽量性の両立

以前、こんな記事を書きました。

参考記事雨でも快適に走れる!超軽量かつ防水仕様のアウターシェルを比較してみた

記事でも書いているように、防水性と軽量性の両立が「ストーム・レーサー・ジャケット」の優れている点です。以下はパタゴニア・オンラインストアの商品説明より。

  • 素肌に快適なトリコットの裏打ちを施し、羽のように軽量で速乾性を備えたH2Noパフォーマンス・スタンダード採用のリップストップ・ナイロン100%
  • 外側のジッパー式チェストポケットに本体を収納可能。補強済みのカラビナ用ループ付き
  • 使いやすく、周辺視界を妨げないシングルプルで調節可能なフード
  • 部分的に伸縮性を備えフラットにフィットし、かさばらない快適な袖口。裾の後部は伸縮性を備え、体にフラットにフィットしながら風雨の侵入を遮断
  • 左胸と首の後ろ側中央に反射性ロゴ入り
  • ベースレイヤーと軽量なミッドレイヤーの上に最適

これで重量がたったの170グラムですよ!とにかく軽い。しかもストレッチがきくので動きやすい。もはや、羽衣を羽織っているような感覚です。

ランナー的に嬉しいポイントを2つ紹介しておきます。

ひとつは左胸のポケット。パスポートがすっぽり入るサイズで、大型のスマートフォンも余裕で収納できます。アウターシェルそのものを収納することもできます。

もうひとつは帽子のツバ。ほんのわずかですがツバが出ているので、下を向いて走れば雨が顔に当たりません。このおかげでキャップを被らずに済みます。

デメリットは価格

唯一のデメリットは価格。パタゴニア・オンラインストアの定価は35,640円(税込)。Amazonでも型落ちモデルでない限り、定価とほぼ変わりありません(2017年9月時点)。

→Amazonで「メンズ・ストーム・レーサー・ジャケット」最新の価格とレビューをチェックする

高い買い物ではありますが、ぼく的にはかなり用途が広いのでコストパフォーマンスは決して悪くないです。

  • 通勤時にちょっと羽織りたいとき
  • 小雨で傘を持ちたくないとき
  • 旅ランの目的地へ移動するとき
  • マラソン大会の前後で羽織りたいとき
  • 長距離フライトの機上で寒いとき

と、こんな用途で1ヶ月に最低でも5回はタンスから引っ張り出しています。

関連記事長距離フライトの服装は?機上でも快適な「アウトドア・ウェア」が最適解

防水性能はいかに?

さて、気になる防水性能をもう少し詳しく見ていきましょう。以下は、パタゴニア・オンラインストアの商品説明より。

H2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル:防水性/透湿性バリヤーと7デニール・トリコットの裏打ちを施した、3層構造の1.74オンス・12デニール・リップストップ・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工済み

要するに「H2Noパフォーマンス・スタンダード」というPatagonia独自の防水基準を満たしているのですが、その基準が何なのかよくわかりません。以下は、H2Noパフォーマンス・スタンダードの解説ページより。

  • 2層構造のH2Noパフォーマンス・スタンダード・シェルは完全防水性、防風性、透湿性を備えています。撥水性のあるシェル素材に防水性/透湿性のあるメンブレンを貼り合わせ、肌触りも快適なメッシュやハンギング・ライナーを内側に使用しています。
  • 2.5層構造のH2Noパフォーマンス・スタンダード・シェルは防水性、防風性、透湿性を備え、とてもコンパクトに収納できます。撥水性のあるシェル素材に防水性/透湿性のあるメンブレンを貼り合わせ、外側の保護バリヤーは内側に裏地が不要なデザイン。独特の起伏したパターンを使用しているので、防水性バリヤーを摩耗から守りながら水分管理が向上します。
  • 3層構造のH2Noパフォーマンス・スタンダード・シェルは水分を弾くシェル素材と防水性/透湿性メンブレンを超軽量なニットの裏地に貼り合わせ、防水性、防風性と透湿性を提供します。これにより素肌に快適でとてもコンパクトに収納できるため、極限の天候下での長期間の使用に適しています。

パッと見ると「2層」より「3層」のほうが防水性が強そうな印象を受けますが、その逆ですね。「2層」は完全防水なのに対して「3層」は防水性を備えているだけ。

ここは結構大事なポイントで、3層構造である「ストーム・レーサー・ジャケット」に完全防水を求めてはいけないということ。2層構造のシェルなら完全防水なんですが、当然重量も増すので防水性と軽量性のどちらにウェイトを置くかですね。

それでは、実際に雨の中で使って見て、防水性を確かめてみます。

雨の中で防水性をテストしてみた

今回は雨の中、7キロのコースをジョギングしてきました。所要時間は35分。インナーはTシャツ、アウターに「ストーム・レーサー・ジャケット」を着ています。

スタート地点に着きました。左腕には「H2No」のロゴがさりげなくプリントされています。GarminのGPSウォッチは、いつでも見えるようにアウターシェルの外側に装着。

まだ走り始めてもないですが、アウターシェルには水玉がびっしり。この時点では完全に雨水を弾いています。

5分後。まだ雨水を弾いてくれますが、さっきよりも撥水性が落ちましたね。水玉から立体感が失われてきました。

10分後。アウターシェルの内側はまだサラッとしていますが、やはり外側の撥水性が落ちてきました。

15分後。もはや撥水性は失われ、内側が徐々に湿ってきました。

20分後。内側が湿っているものの、肌にベタッと付かないので、身体の動きはスムーズなままです。

25分後。先ほどと変わらず。ある一定レベルまで水が浸透すると、それ以上は水が入ってこないようです。「水のバリア」ができた感じでしょうか。

30分後。先ほどと変わらず。

終了。内側は湿った感じがするものの、やはり肌にベタッと付かないので快適です。写真を見てもわかるとおり、シェルの立体感が失われていないですからね。

以上、テスト完了。

こちらが走る前の写真。

こちらが走った後の写真。

まとめ

以上、Patagoniaの防水アウターシェル「ストーム・レーサー・ジャケット」をレビューしました。

防水性と軽量性の両立が素晴らしい!の一言に尽きますが、完全防水ではないので注意が必要です。実際に雨の中を走った結果、10〜15分ぐらいは雨を弾いてくれますが、15分を超えると内側まで浸透してきます。ただし素材の作りが良いので肌にベタッとつかず、腕の動きはスムーズなままでした。

→Amazonで「メンズ・ストーム・レーサー・ジャケット」最新の価格とレビューをチェックする

B!

同じカテゴリの記事

【レビュー】ギュッと押すだけでエネルギー補給!井村屋の「スポーツようかん」を食べてみた

【レビュー】JINSナイトラン仕様のスポーツメガネで夜道を走ってみた

体感レビュー」の記事一覧へ ▶︎