ハーフが熱い!ジェプコスゲイが1時間4分52秒で女子ハーフ世界記録更新

女子ハーフマラソンの世界記録は、今年の今年の2月にペレス・ジェプチルチルが「RAK Half Marathon」で世界新記録の1時間5分6秒をマークしたばかり。それから2ヶ月も経たないうちに、世界記録(WR)がまたまた塗り替えられました!

ケニア出身のジョイシリネ・ジェプコスゲイ(Joyciline Jepkosgei)が、4月1日にプラハで行われた開催された「Sportisimo Prague Half Marathon 2017」で優勝。ジェプチルチルの記録を14秒も短縮する1時間4分52秒の世界新記録を樹立。女子ハーフマラソンで初めて「65分の壁」を破りました。

しかも5キロ、10キロ、15キロの3つの通過記録でも世界最速記録をマークしているというから驚きです。

ジョイシリネ・ジェプコスゲイのプロフィールはこちら

この記事をシェアする