読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

プロテア(Protair)爪切りニッパー【徹底レビュー】マラソンの爪ケアにおすすめ

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

マラソンやランニングの「爪ケア」のために、プロテア(Protair)の爪切りニッパーを購入しました。

爪切りニッパーは、ニッパーの先端に爪切りの歯が付いたユニークな商品。テコの原理で硬い爪も簡単に切れますし、歯が斜めになっているので巻爪や変形した爪もきれいにトリムできます。日頃のケアからマラソンで傷んだ爪の処置にも使えます。

実際に使ってみた感想を踏まえ、「爪切りニッパー」の特徴・使用感をわかりやすく解説します。

プロテアを選ぶ理由

普通の爪切りでも足爪の手入れはできます。ぼくも長年そうしてきました。しかし、手の爪はきちんとケアしているのに、足の爪は結構ほったらかしなことが多いです。手は他人に見られるけど、足は見られないからでしょうか。

でも、ランナーにとって足は大切なもの。足の本来の機能をフル活用するためには、足のこまめなケアが欠かせません。特に足爪は放置しておくとケガの原因になるので、定期的にケアする必要があります。

爪切りニッパーのような本格的な「道具」があると、足爪ケアのモチベーションが上がります。これまで面倒くさかった爪切りが、まるでネイルケアを施しているような感覚になります。

爪切りニッパーのの特徴は、ニッパー式であること。テコの原理を利用して、力を入れなくても硬い爪が切れるのが良いですね。

また、爪切りの歯が斜めになっているのでミリ単位での調整が可能です先端を使えば、爪が指に密着している部分も簡単にトリムできます。

外観・スペック

PROTAIR(プロテア)爪切りニッパーは箱に入った状態で届きます。歯の部分にはキャプも付いているので安心。そして、ゴミ除去用のゾンデとヤスリが付いています。

ちなみに「ゾンデ」という言葉を初めて知りました。もともとは医療器具なんですね。

消息子。先端が丸みを帯びた,容易に曲げることのできる柔軟な金属や合成樹脂の細い棒で,体腔や臓器の間隙や瘻孔などに差込み,その深さや走行などを探ったり,狭窄部を拡張するのに用いられる医療器具。(引用元

ここでは足爪の間に溜まったゴミを取り除くために使われます。ステンレス製の耳かきといった感じです。

こちらは爪切りではおなじみのヤスリ。かなり粗めな感じでした。

収納時はこんな感じで閉じています。

使うときは中央のレバーを上げると、バネが作用してニッパーが開きます。取っ手部分は厚みのあるゴム素材なのでグリップしやすいです。

値段が安いのでクオリティが心配でしたが、一番肝心な歯の噛み合わせはバッチリでした。1ミリの隙間もありません。

歯が斜め担っているので、どんな爪でもミリ単位でトリムできます。ぼくは小指の爪が変形しているのですが、ニッパー式なら簡単にケアできます。

使用感

名刺サイズのトリセツが付いていました。

次の3つのポイントを押さえておけば、誰でも簡単に使えます。

  • 爪が柔らかくなる風呂上がりが良い
  • 先にゾンデでゴミを除去しておく
  • 爪の先端からちょっとずつ切る

一度にまとめて切ろうとするのではなく、端の方からチビチビ切っていくのがおすすめです。

動画にもまとめましたのでどうぞ!

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run