マラソン大会に連続出場するメリット・デメリット。9週間、毎週出場して気づいたこと

更新:

マラソン大会に連続出場するメリット・デメリット。9週間、毎週出場して気づいたこと

2019年2月から4月にかけて、9週間で9つのマラソン大会に出場しました。つまり、日曜日のレースが9週間連続で続いたことになります。

内訳は、フルマラソンが1本、30kmが1本、ハーフマラソンが4本、10マイル(16km)が1本、10kmが1本、クロスカントリー(8.2km)が1本。その内、フルマラソンは自己ベスト更新&初サブスリーを達成しました。

各レースを振り返りながら、毎週マラソン大会に出場するメリットやデメリット、気づいたことについて記事にまとめました。

なぜ毎週マラソン大会に出場したのか?

きっかけは「埼玉マラソングランドスラム」の2018年シーズン制覇を目指したことでした。

簡単に言うと、2018年10月から2019年6月の間に、埼玉県の対象マラソン大会にたくさん出場すると、埼玉マラソングランドスラムを制覇できる仕組みです。僕が目指しているのは、走行距離が160kmに達したら認定される「ロードレースマスター in 埼玉」。

当初の予定では、2018年に「上尾シティマラソン」と「さいたま国際マラソン」を完走して年内に63kmクリアし、2019年に残り97kmを走る予定でした。

ところが、レース1週間前に右足首を捻挫して「さいたま国際マラソン」をDNS(棄権)してしまい、2019年に139kmも走ることになりました。走行距離160kmを達成するためにカレンダーを埋めていったら、毎週マラソン大会に出場することになりました。

出場したレースと結果

今回出場したレースと結果は以下のとおりです。大会名のリンクをクリックすると、ブログレポートが読めます。

日程 大会名 種目
2019年2月17日 青梅マラソン 30km
2019年2月24日 ふかやシティハーフマラソン 10km
2019年3月3日 東京マラソン フルマラソン
2019年3月10日 藍のまち羽生さわやかマラソン ハーフマラソン
2019年3月17日 彩の森クロスカントリー大会 8.2km
2019年3月24日 久喜マラソン大会 ハーフマラソン
2019年3月31日 吉川なまずの里マラソン ハーフマラソン
2019年4月7日 幸手市さくらマラソン大会 10マイル
2019年4月14日 本庄早稲田の杜ハーフマラソン ハーフマラソン

レースの様子について、簡単に振り返ります。

青梅マラソン

初めて30kmのレースに出場しました。前半は上り坂なのでペースは抑え気味に。折り返し地点から一気にペースアップしたら途中で息切れ。予想以上にハードなレースでした。

青梅マラソンのブログレポート

ふかやシティハーフマラソン

フルマラソンの1週間前に10kmレースに出場。ハーフの部に参加しようか迷いましたが、10kmにしておいて良かったです。脚に疲れを残さず、程よい感じで刺激を入れることができました。

ふかやシティハーフマラソンのブログレポート

東京マラソン

2019年前半の本命レース。フルマラソンの自己ベストは、1月に参加した「勝田全国マラソン」の3時間5分0秒。「東京マラソン」では、自己ベスト更新&初サブスリーを達成しました。

東京マラソンのブログレポート

藍のまち羽生さわやかマラソン

「東京マラソン」の翌週は、ハーフマラソンに参加しました。まだ疲れが抜け切れていないので、ジョギングよりも少し早いペースで走りました。シューズは、アシックスの「メタライド」を履いたので、疲れずに済みました。

藍のまち羽生さわやかマラソンのブログレポート

彩の森クロスカントリー大会

クロスカントリーの変化球。距離は8.2km。主に芝生を走るので脚に負担がかからず、でもスピード力を鍛えることができました。長距離レースの間に短めのレースを入れるのは気分転換にもなって良いですね。

彩の森クロスカントリー大会のブログレポート

久喜マラソン大会

ようやく「東京マラソン」の疲れが抜けてきました。平日の練習でも負荷の高いインターバル走を再開。フルマラソンのサブ3ペースでハーフマラソンを走りきりました。

久喜マラソン大会のブログレポート

吉川なまずの里マラソン

2週連続のハーフマラソン。前週よりも遅いペースで走る予定でしたが、思いの外調子が良かったので、ラスト5kmは攻めてみました。

吉川なまずの里マラソンのブログレポート

幸手市さくらマラソン大会

10マイル(16km)という変化球。ここでハーフマラソンを走っていたら4週連続でハーフマラソンを走ることになったので、結果的に短い距離で良かったです。桜の名所「幸手権現堂」でお花見ランが楽しめたので気分転換ができました。

幸手市さくらマラソン大会のブログレポート

本庄早稲田の杜ハーフマラソン

9週連続最後のハーフマラソン。毎週マラソン大会に参加するのに慣れてきました。2週間後の「ぎふ清流ハーフマラソン」の予行演習を兼ねて、平均ペースは4’00/kmを切るスピードで。

本庄早稲田の杜ハーフマラソンのブログレポート

連続出場のメリット

練習にメリハリが出る

週末にレースがあると、そこから逆算して平日の練習を計画するので、練習にメリハリが出ます。

練習が楽に感じる

週末のレースで本気を出すので、平日の練習は少し余力を残した走りになります。レースの大変さに比べれば、平日のインターバル走が「楽勝!」と思えてくるから不思議です。

短期間で走力アップ

何をもって走力がアップしたと言えるかは判断が難しいところですが、ひとつだけ言えるのは、4’00/kmのペースでハーフを走り切る自信がつきました。

レースで「実験」が出来る

例えば同じハーフマラソンの距離でも、ペース配分を変えてみたり、補給食を摂るタイミングを変えてみたり、一発勝負のレースでは出来ないことが気軽に試せます。

余談ですが、アクションカメラでマラソン動画を綺麗に撮影するテクニックも磨くことが出来ました。とにかく数をこなすことが大事ですからね。

連続出場のデメリット

週末が忙しい

毎週日曜日は早朝からレースに出かけ、午後に帰宅しても疲れてダラけてしまいます。つまり、休日が1日少なくなり、週末がとても忙しくなります。

家族と過ごす時間が減る

日曜日は基本的に家にいない・家で寝ているので、家族とゆっくり過ごせるのは土曜日のみ。

出費が重なる

大会の参加費はもちろん、移動にもコストがかかります。幸い、埼玉県内の大会がほとんどなので、莫大な出費というほどではありません。

気づいたこと

最後に、毎週マラソン大会に出場して気づいたことをまとめておきます。同じようなことを計画されている方の参考になれば幸いです。

長い距離と短い距離を交互に

4週間連続でハーフマラソンを走るよりも、ハーフマラソンと10kmを交互に4週間繰り替える方が身体的・精神的にもおすすめです。クロスカントリーなどの変化球を入れると気分転換になってなおさら良いと思います。

次に繋げられるように走る

目先のレースで100%を出し切るのではなく、先々のレースのことも念頭に置いて走ることをおすすめします。今回は、6本目、7本目、9本目にハーフマラソンに出場しましたが、それぞれの完走タイムが1分ずつ速くなるように、長いスパンでの「ビルドアップ」を心がけました。

脚に負担のかからないシューズを履く

タイムよりも、脚に負担のかからないシューズを履くことで、レース毎のダメージを軽減できます。今回はアシックスの「メタライド」やアディダスの「ソーラーブースト」など、必ずしも自己最速レースには適さないシューズも履いてみました。そのおかげで、疲れを残さずに次のレースへ繋げられたと思います。

レース後は丸二日間の完全休養

個人差はあると思いますが、僕の場合は日曜日にレースに出たら、月曜日と火曜日はランオフにしました。そうすることで、レースの疲れを出来る限り抜いた状態で練習を再開することができます。

リカバリーは積極的に

日頃から疲れを抜く努力を惜しまぬことで、良い状態で次のレースを迎えられます。

レースの後は、プロテインを補給したり、温冷交代浴やストレッチで疲れを取ったりしました。

さいごに

最初は、毎週マラソン大会に出場するなんて無茶だと思いましたが、普段から週末に20km走をやっていたので、不可能というわけではありません。

大事なのは、怪我や故障をしないこと。無理せず、次のレースに繋がる走りやリカバリーを出来るかが成功のカギを握ります。

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧