2019年後半のレース戦略。フルマラソンは4大会出場予定

更新:

2019年後半のレース戦略。フルマラソンは4大会出場予定

2019年もあと残すところ半年となりました。2019年7月〜12月に参加するレースには既にエントリーしており、あとは粛々と準備するのみ!

2019年後半のレース戦略について、自分の考えをまとめました。

フルマラソンは4大会出場

2019年の前半は、1月に「勝田全国マラソン」、3月に「東京マラソン」を完走。「東京マラソン」では、人生初のフルマラソン3時間切りを達成し、サブ3ランナーの仲間入りを果たしました!

また、2月〜4月は9週間連続で毎週末レースに出場しながら、「埼玉マラソングランドスラム」の条件(2018年10月〜2019年6月に対象レースの走行距離160km達成)を何とかクリアしました。

2019年の後半は、出場するレースの数を減らし、以下の4つのフルマラソンに出場します。

  • 日本最北端わっかない平和マラソン(9月)
  • 東北・みやぎ復興マラソン(10月)
  • ニューヨークシティマラソン(11月)
  • さいたま国際マラソン(12月)

初戦は、北海道で9月1日に開催される「日本最北端わっかない平和マラソン」。北海道の宗谷岬から稚内までの比較的平坦な道のりを走ります!

10月13日には、宮城県で開催される「東北・みやぎ復興マラソン」に出場します。

そして11月3日は、アメリカの「ニューヨークシティマラソン」を走ります!毎年一般エントリーでは抽選に落ちていましたが、今年は基準タイムをクリアしたランナーがエントリーできる、Time Qualifier枠で申し込んだところ出走権をゲット!

昨年の「上尾シティ」で頑張った甲斐がありました

2019年後半の最後のフルマラソンは、僕の地元さいたま市で開催される「さいたま国際マラソン」に出場します。昨年から開催日は11月から12月に変わったので、「ニューヨークシティマラソン」と重ならずにすみました。

本命はニューヨークシティマラソン

どの大会でもベストは尽くしますが、本命は11月の「ニューヨークシティマラソン」です。

ニューヨークシティマラソンは、「ワールドマラソンメジャーズ」の一角を成す、世界最高峰のマラソン大会のひとつ。その世界の大舞台で、フルマラソンの自己ベスト更新を狙いにいきます。

その前哨戦である「日本最北端わっかない平和マラソン」と「東北・みやぎ復興マラソン」では、いずれも「サブ3」を目指します。

さいたま国際マラソンでリベンジ

「さいたま国際マラソン」は毎年、さいたま市民優先枠でエントリーしているのですが、昨年はレース1週間前に捻挫、一昨年はアキレス腱を痛め、いずれも泣く泣くDNS(棄権)しました。

三度目の正直、ということで、今年は怪我や故障をせずに、無事に完走できればと思います。

さいごに

本命のニューヨークシティマラソンに向けて、うまくピーキングできるように頑張ります。それにしても、ピーキングは本当に難しい。

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧