BLOG

2017年レース出場まとめ

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

2017年も残すところあと15分、除夜の鐘が聞こえてきました。ランニングブログらしく、最後は「2017年レース出場まとめ」で締めくくります。

今年はフルマラソン3回、ハーフ2回、親子ラン1回の合計6レースに出場しました。フルマラソン自己ベスト更新や30kmの壁での撃沈、アキレス腱のケガ、そして娘と親子ランデビューなど、山あり谷ありの1年間でした。

ひと言ずつ感想を添えて振り返りたいと思います。

  1. 香川丸亀国際ハーフマラソン(ハーフ)
  2. カーター記念 黒部名水マラソン(フル)
  3. シカゴマラソン(フル)
  4. オホーツク網走マラソン(フル)
  5. さいたま国際マラソン(親子ファンラン1.5km)
  6. 小江戸川越ハーフマラソン(ハーフ)

香川丸亀国際ハーフマラソン(ハーフ)

開催地 香川県丸亀市
開催日 2017/2/5(日)
グロスタイム 1時間38分40秒
ネットタイム 1時間38分24秒

2017年の初レースは「香川丸亀国際ハーフマラソン」で挑みました。今年で71回目の開催を迎え、IAAFシルバーラベルにも認定された、知る人ぞ知る日本有数のハーフマラソンです。

しかしながらコンディションは良くありませんでした。天候はスタート直前まで雨。さらに前日の「お遍路ラン」の疲れが抜けきれず、足が思うように動きませんでした。

レース前日は無理すべきではない、ということを学びました。

関連香川丸亀国際ハーフマラソンの大会レポート

カーター記念 黒部名水マラソン(フル)

開催地 富山県黒部市
開催日 2017/6/4(日)
グロスタイム 3時間21分41秒
ネットタイム n/a

7ヶ月ぶりのフルマラソン出場。香川丸亀ハールマラソンからもしばらく間が空いてしまいました。

前半は緩やかな上り坂のコース。3時間30分のペースメーカを追いかけて、5分/kmのペースを維持しました。

後半は逆に緩やかな下りコース。少し早いと思いましたが、22km地点からアグレッシブにペースアップ。ラストはややスローダウンしましたが、3時間21分41秒でフィニッシュし、フルマラソンの自己ベストを13分22秒も更新しました。

これには正直、自分でも驚きました。勝因は心当たりが2つあります。

ひとつは、レースシューズとして初めて履いた「アシックス ターサージール」。この軽さは一度履いたら、もう手放せません。

もうひとつは、年始から続けている毎週水曜日の通勤ラン。JR京浜東北線の赤羽駅から北浦駅までの13.5kmを淡々と走り続けました。

関連:黒部名水マラソンの大会レポート

オホーツク網走マラソン(フル)

開催地 北海道網走市
開催日 2017/9/24(日)
グロスタイム 3時間48分23秒
ネットタイム 3時間47分56秒

夏明け最初のレースは、網走刑務所からスタートする「オホーツク網走マラソン」に出場。絶景スポット「能取岬」で折り返し、最後はヒマワリ畑の中でフィニッシュという、北海道の大自然を肌で感じられる素敵な大会でした。

ところが夏季の走り込みが足らず、いわゆる「30kmの壁」にやられて32km地点から歩いてしまいました。今回は「脚」よりも「呼吸」がきつかったですね。心拍数は、ハーフ地点ですでに170超え、32km地点で196でした。

レース中に歩いてしまうという挫折感を久々に味わいました。しかし途中から「30km走をやったと思えばいいや!」と気持ちを切り替え、なんとかサブ4でフィニッシュしました。

やはり、練習で距離を踏んでいないとフルマラソンは走り切れない、ということを改めて学びました。

関連オホーツク網走マラソンの大会レポート

シカゴマラソン(フル)

開催地 アメリカ・シカゴ
開催日 2017/10/8(日)
グロスタイム n/a
ネットタイム 3時間23分38秒

海外マラソンは、昨年の「シドニーマラソン」に次いで2大会目の出場。世界最高峰のマラソン大会であるワールド・マラソンメジャーズ(世界6大マラソン)は、シカゴが初出場です。

レースは7時20分からスタート。4時半には起きて朝食を食べ、6時半に会場入りしました。海外マラソンはスタート時間が早くて大変ですが、今回は時差ボケに助けられました。

2週間前に「オホーツク網走マラソン」を走っているので、コンディションはそれほど悪くありませんでした。今回はスタート直後から4分45秒/km のペースで走り、どこまで維持できるか試してみました。最後は失速してしまいましたが、ネットタイムは3時間23分38秒と自己ベストに迫る好タイムでした。

これまで5分/km がフルマラソンのいわゆるレースペースでしたが、これからは4分45秒/km でも充分戦えるんだという自信がつきました。

関連シカゴマラソンの大会レポート

さいたま国際マラソン(親子ファンラン1.5km)

開催地 埼玉県さいたま市
開催日 2017/11/11(土)
グロスタイム 10分以内(公式記録なし)
ネットタイム n/a

シカゴで学んだことを、地元で開催される「さいたま国際マラソン」で実践して自己ベストを狙おうと目論んでいましたが、レース1週間前にアキレス腱を痛めてしまい、やむなく辞退しました。日常生活は問題ありませんが、3km以上走ると左足のアキレス腱がピキッと痛み、走れなくなる症状が続きました。

一方、フルマラソン前日のに開催されたファンランの親子ランの部(1.5km)には小学1年生の娘と一緒に出場してきました。3kmまでなら何とか走れますし、初の親子ランデビューですからね。

娘は学校の持久走で600mは走り込んでいるものの、1.5kmをノンストップで走るのは初めての経験でした。途中で何度か止まりたいと言いましたが、ゆっくりでもいいから走り続けよう!と励まし、最後は2人で手をつないでフィニッシュしました。

親子ランを走ると、何だかランニングの「初心」に返った気がしました。

関連さいたま国際マラソン ファンラン(親子ラン)の大会レポート

小江戸川越ハーフマラソン(ハーフ)

開催地 埼玉県川越市
開催日 2017/11/26(日)
グロスタイム 1時間37分18秒
ネットタイム 1時間37分7秒

2017年最後のレースは、埼玉県川越市で開催された「小江戸川越ハーフマラソン」。

レースでは川越市の中心街、江戸の蔵造りの木造建築が残るエリアを走ります。

天候は晴れ、気候は寒すぎず、最高のレース日和でした。一方、3週間前に発生したアキレス腱の痛みは落ち着いたものの、最後までハーフを走り切れるかはわかりません。途中で痛みが再発したら、中断も視野に入れていました。

前半は慎重に5分/kmの遅めのペースで様子を見ました。幸いなことにラスト1kmまで痛みは感じず、最後は気合いで走りきることができました!それでもタイムは2月の「香川丸亀ハーフマラソン」よりも速かったので、結果は良しとします。

関連小江戸ハーフマラソンの大会レポート

さいごに、余談ですが

今年も tomo.run(ともらん)をお読みいただき有難うございました。最初は手探りで記事を更新していましたが、ようやく自分が目指したいブログのコンセプトが明確になってきた気がします。

コンセプト:読めば走りたくなるランニングブログ。「走らなきゃ…」を「走りたい!」に変えるコツを研究・発信してます。

来年も引き続き宜しくおねがいいたします!

関連2016年レース出場まとめ

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎

この記事のカテゴリ

BLOG

練習日誌などをまとめています。

BLOG の記事一覧へ  ▶︎

この記事のトピック

同じトピックの関連記事もご覧ください。