読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

リカバリーサンダルは欲しいけど、要らないかも

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

リカバリーサンダルが欲しかったけれど、なくても厚底シューズで代用できた、という話をご紹介します。

リカバリーサンダルへの憧れ

以前からリカバリーサンダルというものに憧れており、買おうか買うまいか迷っています。

リカバリー(疲労回復)に特化したサンダルということで、レースの後に履くだけで疲れを和らげる効果が期待できます。

リカバリーサンダルで最も有名なブランドは、ウーフォス(OOFOS)ですよね。マラソン大会の会場でブースを見かけるたびに、買いたくなります。

以下は、オーフォス公式サイトより。

ランニングや激しいワークアウト、または数時間立ち続けた後、その足はリカバリーを必要としています。 OOFOS®の特殊ソール、OOfoam(ウーフォーム)は従来のパフォーマンスシューズの構造と異なり、 37%もの衝撃吸収が可能です。 そう、その疲れた足をまさにリカバリーできるのです!さぁ、あなたもOOFOS®を履いて、実感して下さい!

うーん、欲しい!

リカバリーサンダルのデメリット

ただ、リカバリーのためにシューズ1足分の荷物が増えるのは面倒ですし、サンダル姿で電車やバスに乗る勇気はありません。

それに、冬は絶対に寒いですよね。

そして、値段も安くありません。エントリーモデルでも5,000円くらいします。

その意味でリカバリーサンダルは「贅沢品」です。だからこそ、惹かれるわけなのですが…。

厚底シューズで代用

話が変わりますが、先週末「釧路湿原マラソン」に参加しました。

レースには、ホカオネオネの超厚底シューズ「カーボンX」を履きました。長距離でも疲れず、スピードも出せる、とても優秀なランニングシューズです。

レースの後は、同じくホカオネオネの厚底シューズ「クリフトン6」に履き替えました。そして、釧路湿原を歩きまわったりしながら、帰りの飛行機までの半日間をこの厚底シューズで過ごしました。

自宅に戻った頃には脚が棒のようになっていた、ではなく、逆にレースの疲れが消えていました。

あれ、もしかして厚底シューズでリカバリーサンダルを代用できるんじゃないの?

厚底シューズなら何でも良いという訳ではありませんが、「クリフトン6」のようにマシュマロのようなクッション性抜群のシューズであれば、リカバリーサンダルを履いているのと同じ効果があるのではないか。

そんな気づきがありました。

なお、今回紹介した最新のランニングシューズの情報や、人気のマラソン大会の様子などをYouTube「ともらんチャンネル」で公開しています。

チャンネル登録していただけると嬉しいです!

さいごに

ホカオネオネの「クリフトン」シリーズは僕のお気に入りのランニングシューズのひとつ。長距離走に強いだけでなく、リカバリーにも効くとは意外な発見でした。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎